« 産卵しようとしていたヤマトタマムシ | トップページ | 我が家の庭にトノサマバッタが発生 »

2009年8月 8日 (土)

我が家にドイツ人学生がきた

 妻の意向により、今日から一か月弱の間、三重大学に来るドイツ人学生のホームステイを受け入れるホストファミリーになることになっていて、今日、本人がやってきた。夕方には、他のドイツ人学生や他のホストファミリーとの交歓会もあった。
 我が家にきたアレクス君の日本語歴は2年ということだが、日本語での会話にあまり不自由はないという感じだ。少なくとも、ぼくのドイツ語よりは遥かにレベルが高い。
 こんなことを書くと、我が家は広い家に住んでいるように思われるかも知れないが、長男の部屋をアレクス君に使ってもらって、長男が別の部屋に移動した。長男は部活で忙しく、家にはほとんど寝るためだけに帰っている感じなので、それでもほとんど問題はない。

|

« 産卵しようとしていたヤマトタマムシ | トップページ | 我が家の庭にトノサマバッタが発生 »

コメント

 宮本輝の「彗星物語」を思い出しました。いろいろと面白いことが起こりそうですね(^_-)-☆

 他国の外国語教育は、どうもわが国のそれより格段に優れているような気がします。

 中国に行くと、ちょっと気の利いたホテルの従業員など、ウエイトレスのねーちゃんまで英語がペラペラです。上手すぎてわからないほど。

 うちによく来る、三菱重工に勤める中国人の女の子も、ほとんど不自由なく日本語を話しますし、メールだときっちりメール文体になってたりして恐れ入ります。

投稿: chunzi | 2009年8月10日 (月) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/45874991

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にドイツ人学生がきた:

« 産卵しようとしていたヤマトタマムシ | トップページ | 我が家の庭にトノサマバッタが発生 »