« 我が家の庭のトノサマバッタの成長 | トップページ | 2009年・ニイニイゼミがまだ鳴いている »

2009年8月30日 (日)

第45回衆議院選挙

 今日は第45回衆議院選挙だ。朝食を済ませて投票してきた。
 今回の各党の主張を聞いてわかったことは、どの党も目先のこと(もう少し詳しく書けば、現時点あるいは直近の将来のカネの配分をどのようにするか)しか言っていないということだ。自分の頭の中では、目先のことも多少は気にするが、長期的な問題、例えば、食糧問題とかエネルギー問題のような、世界的な問題の方が重要だと思っている。しかしながら、このような長期的、世界的な問題に対して、モノを言っている党はなかったように思う。こういう長期的な問題が話題として登らないようでは、日本の将来ははっきり言ってアブナイと思う。だから、本当のところ、投票したい政党や個人はなかった。
 自民党中心の政権が民主党中心の政権に変わったところで、中身は大した違いはないと思うが、政権が変わること自体には意味が無いわけではないと思う。しかし、本当に頑張って欲しいのは、自民党と公明党と民主党以外の政党だ。本当に心から投票したい政党はないが、次善として3つほど投票したい政党があった。比例代表の投票権は1つしかないので、その3つのうちの1つの政党に入れた。

|

« 我が家の庭のトノサマバッタの成長 | トップページ | 2009年・ニイニイゼミがまだ鳴いている »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/46067727

この記事へのトラックバック一覧です: 第45回衆議院選挙:

« 我が家の庭のトノサマバッタの成長 | トップページ | 2009年・ニイニイゼミがまだ鳴いている »