« 2009年・明け方にヒグラシの鳴き声が聞こえた.ついでにニイニイゼミも | トップページ | 今日は日蝕 »

2009年7月20日 (月)

ひやしあめ@三重県

 今日は休日だが、やらなければいけないことがあったので、午前中に少し出勤。帰りに通勤路の途中にある地元系スーパーZに立ち寄って「ひやしあめ」を買うことにしていた。この地元系スーパーZは、けっこう色々と変なものを置いているので、買い物があまり好きではないぼくにとっても、行くのが楽しい店だ。
 「ひやしあめ」は大学生になって京都に行くまで知らなかったので、おそらく関西限定の飲み物だと思う。その味は京都で知ったのだが、暑いときには、甘いだけでなく、生姜が利いていて、美味しく飲める飲み物だと思う。
 ということで、この前1本買った濃縮タイプの「ひやしあめ」がそれなりに美味しかったので、今日は何本かまとめ買いするつもりでいた。550ml入りで460円。
 店に入り、「ひやしあめ」が置かれている場所に直行し、カゴにまとめて4本放り込んだところ、近くにいた老婦人に声をかけられた。「それ美味しいんですか?」急に声をかけられたのでこちらも答えに困ったが、「好き嫌いがあると思いますけど、ぼくは好きです」と答えた。「それじゃ1本買ってみようかしら」と言うので、「まずはそのまま飲める小瓶のがあるからそちらにしてはどうですか」とストレートタイプの小瓶を勧めた。それはともかく、「ひやしあめ」などという訳のわからないものをまとめ買いしているぼくを見て、興味を惹かれたに違いない。
 ということで、この地方には「ひやしあめ」という飲み物が認知されていないということがわかった。三重県の言葉は、イントネーションなど、かなり関西の要素が入っているが、「ひやしあめ」に関しては関西とは違うわけだ。
20090720blog1

|

« 2009年・明け方にヒグラシの鳴き声が聞こえた.ついでにニイニイゼミも | トップページ | 今日は日蝕 »

コメント

冷やしアメは、マンガ「ジャリン子チエ」で初めてその名を知りました。しかし、縁日などで1杯いくらで売ってるものだというイメージで、一般家庭用の瓶詰め液体があるとは知りませんでした。これはかき氷シロップのように使うんでしょうか。

投稿: JG | 2009年7月20日 (月) 22時34分

 関西人のchunziです。

 ひやしあめなるものは、りんごあめ、カルメラ焼その他、縁日で売っているような下卑た食べ物とされていて、買ってもらったことはありません。

 ロバのパンも、「あれは毒が入ってる」などと言われて、絶対に買ってもらえませんでした。ロバがひいているので「不衛生だ」と思われていたようです。

 縁日の食べ物も不衛生とされて、全て×でありました。

 綿菓子がかろうじてセーフでしょうか。たこ焼きもだめです。

 じゃりんこチエは大好きな漫画です。平安の昔から一貫して一種の階級社会の様相を呈している関西圏では、あの漫画は一般の人はちょっと足を踏み入れにくいエリアが舞台なので、そこがまたに人気を呼んだ気がします。

 関西が階層化していることは、関西弁と一口に言っても、実は様々なものがあることでおわかりいただけるかと思います。その差は「大阪と京都」「神戸と大阪」といった違いだけではありません。

投稿: chunzi | 2009年7月21日 (火) 07時42分

JGさん、chunziはん、どうも。
ぼくの「ひやしあめ」との出会いは、具体的には忘れましたが、どこかの京都の大きなお寺の中にあった自動販売機の缶入りのものです。
「じゃりん子チエ」も読みましたが、その中に「ひやしあめ」が登場しているとは気が付いていませんでした。
余所者のぼくには先入観はないので、全く抵抗はありません。
JGさん、写真のものは、水やお湯で薄めて飲んでも良いですし、かき氷のシロップにしても良いそうです。

投稿: Ohrwurm | 2009年7月21日 (火) 22時58分

ひやしあめ・・・飴?
液体なのに飴を名乗れるとは。

八重山の「ミキ」もそうですが
日本国内には、まだまだ
不思議な飲み物が隠れていそうですね。

投稿: ぐりろたるぱ | 2009年7月21日 (火) 23時18分

ぐりろたるぱさん、こんにちは。
「ひやしあめ」の主成分は水飴です。だから「あめ」なのでしょう。「ミキ」は八重山のものではなく、もともとは奄美のものだと思います。八重山で入手できたものは、沖縄本島の沖縄ポッカ製のものと、宮古島のマルマサ製の缶入りのものだけでした。「黒糖玄米」はそれらに加え、瓶入りのものが売られていましたので、八重山でも製造されていたかも知れません。

投稿: Ohrwurm | 2009年7月22日 (水) 06時46分

みなさんの反応は意外です。

私は大阪府高槻市に住んでいましたが、
S45年頃スーパーのドリンクコーナーに
夏は冷やし飴があったのを覚えています。
しょうがは好みで入れるようになっています。横では薄いアイスコーヒーも売ってました。

高槻市は当時20万都市、阪急高槻駅の
近くのスーパーですからそこそこの都会です。大津の山の手と比べると田舎かもしれませんが(;^ω^)

投稿: 熊80 | 2009年7月22日 (水) 10時10分

熊はん、どうも。
関西では昔からポピュラーなんでしょうね。愛知県は明らかに「ひやしあめ文化圏」の外です。

投稿: Ohrwurm | 2009年7月22日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/45686268

この記事へのトラックバック一覧です: ひやしあめ@三重県:

« 2009年・明け方にヒグラシの鳴き声が聞こえた.ついでにニイニイゼミも | トップページ | 今日は日蝕 »