« くしゃみ・鼻水・目の痒み・ヒバリのさえずり | トップページ | イボンヌ・バスキン著/藤倉良訳「生物多様性の意味 自然は生命をどう支えているのか」 »

2009年2月26日 (木)

特急ワイドビュー南紀に乗る

 関東方面に出張したとき、伊勢鉄道と関西本線を通る「快速みえ」を利用できるときはこれを利用する。何故かと言えば、津・名古屋間の4枚綴りの回数券を利用すると、1回あたり750円で利用できるからだ。普通に「快速みえ」に乗ると津・名古屋間は1,230円もするし、近鉄の急行を利用しても980円かかる。だから「快速みえ」を利用するのは大変お得なのだ。しかし、ときどき目にする「特急ワイドビュー南紀」もちょっと気になっていた。これを普通に利用すると、自由席でも940円の特急料金がかかり、近鉄特急の870円よりも高い。しかし、新幹線の乗り継ぎ割引だと、伊勢鉄道線区間の310円の特急料金は割引にならないが、JR区間の630円の特急料金が半額になるので、名古屋から津まで620円で利用できる。これなら近鉄特急より安いので、割に合いそうな気がする。
 何故こんなことを考えるかと言えば、夕方の「快速みえ」は大変混雑するからだ。ちゃんと着席しようと思えば「快速みえ」には指定席があるので、510円の指定席券を買えば着席できる。510円というのは微妙な値段だ。この値段を考えると、620円で特急に乗れるとなれば、それほど悪くないと思える。
 というわけで、昨日のツクバからの帰りは、この誘惑に負けて「特急ワイドビュー南紀7号」に乗った。「特急ワイドビュー南紀」に乗るのはもちろん初めてだ。
 1両しかない自由席の乗車率はほぼ50%。意外にたくさん乗っていると思った。もっとガラガラかと思ったのだ。2両の指定席車輌があるので、全部で3両。ミニ特急だ。座席はリクライニングで前の座席との間隔もゆったりとしている。乗り心地では、明らかに「快速みえ」よりも良い。近鉄の特急と急行(クロスシート車)の違いと同じようなものだ。驚いたことに、名古屋を出発して間もなく、車内販売が回ってきた。たかだか3両しか繋いでいないのに。
 と、まあ、そんなわけで、ささやかな贅沢を味わうことができた。
 名古屋を出発すると、最初の停車駅は桑名。驚いたことに、自由席に乗っていた人の半分ぐらいは桑名で降りてしまった。どうみても、通勤の帰路だと思える人もいた。桑名までは20分弱だが、ぼくの感覚だと、この程度の距離を乗るのに、特急料金を払うのはもったいないと思える。ところが、調べてみたら、この区間の自由席特急料金はたったの310円だった。「快速みえ」の指定席よりも安いのだ。この時間帯の「快速みえ」や普通列車は大変混雑しているので、この程度の金額ならば、特急に乗って楽をするという選択肢も無いわけではないと思えた。

|

« くしゃみ・鼻水・目の痒み・ヒバリのさえずり | トップページ | イボンヌ・バスキン著/藤倉良訳「生物多様性の意味 自然は生命をどう支えているのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/44183309

この記事へのトラックバック一覧です: 特急ワイドビュー南紀に乗る:

« くしゃみ・鼻水・目の痒み・ヒバリのさえずり | トップページ | イボンヌ・バスキン著/藤倉良訳「生物多様性の意味 自然は生命をどう支えているのか」 »