« 真冬なのにハスモンヨトウが! | トップページ | 害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり(その2) »

2009年2月24日 (火)

害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり

 組織内の会議で昨日からツクバに来ている。今日行われるその中の『昆虫研究における分類・同定の重要性について考える—応用分野と基礎分野の相互発展のためにできること—』というシンポジウムで「害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり」という演題で話題提供することになっている。他の3名の話題提供者は分類屋さんだが、ぼくだけでが分類屋さんではない。何故ぼくが話題提供者としてお声がかかったのか、全くわからないフシが無いでもないが、ぼくが多少は分類に首を突っ込んだことがあることを見透かされていたのだと思う。
 昨晩は、話題提供者4名で打ち合わせをしたが、準備したとおりの内容で話をすることで決着した。
 総合討論ではどんな意見が交わされるか、ちょっと楽しみでもある。

|

« 真冬なのにハスモンヨトウが! | トップページ | 害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/44159600

この記事へのトラックバック一覧です: 害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり:

« 真冬なのにハスモンヨトウが! | トップページ | 害虫生態研究者の立場としての昆虫分類・同定への関わり(その2) »