« 東海道新幹線の海側の窓から見えた富士山 | トップページ | 季節外れの雷鳴 »

2009年1月29日 (木)

キャベツの中から出てきたヒメアカタテハ

 今日は職場の畑のキャベツを収穫した。晴れていて風もなく、気持ちの良い日だった。
 害虫による食害の具合の調査をしながらの収穫だったので、株ごと掘りとってから包丁を使って結球部を切り取って表面の葉をはぎ取って、虫の食い跡を探すということを繰り返していた。
 七割ほど調査が進んだところ、思いがけなくキャベツの中の葉の隙間からヒメアカタテハが出てきた。冷たくなっていて動かないが、眼だけは生きている眼をしていた。ひょっとしたら、温度が低くて動けないだけなのではないかと思って、採集して暖かい室内に持ち帰った。
 しかし、残念ながら、もう死んでしまっていたようで、動き出すことはなかった。
20090129blog1

|

« 東海道新幹線の海側の窓から見えた富士山 | トップページ | 季節外れの雷鳴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/43893497

この記事へのトラックバック一覧です: キャベツの中から出てきたヒメアカタテハ:

« 東海道新幹線の海側の窓から見えた富士山 | トップページ | 季節外れの雷鳴 »