« 干支(えと) | トップページ | 2009年名古屋昆虫同好会総会・高橋昭さんの講演 »

2009年1月 7日 (水)

ジョウカイボンの仲間の幼虫は寒くても活動するようだ

 今日は年が明けてから初めての外回りの調査だった。本格的な冬になってきたが、ピットフォールトラップにはけっこうたくさんの虫が入る。
 中でも目立つのはジョウカイボンの仲間の幼虫。12月ぐらいからトラップに入る個体が見られ始めたが、今日は特に多かった。もっとも、先週は年末年始の休みで、2週間ぶりの調査だからだったかも知れない。
 ジョウカイボンの仲間の幼虫はいつまで活動するのだろうか。この先が楽しみだ。
20090107blog1

|

« 干支(えと) | トップページ | 2009年名古屋昆虫同好会総会・高橋昭さんの講演 »

コメント

ジョウカイボンの幼虫、どんな姿なんだろう?画像はないのですか?

何を食べているんですか?トラップにはどんなエサを仕掛けたのですか?

JGさんともども、興味津津です。

投稿: でんでんむし | 2009年1月 7日 (水) 21時38分

でんでんむしさん、ご要望にお応えしまして画像を貼り付けました。ジョウカイボンの幼虫なのか、アオジョウカイの幼虫なのかはわかりません。ジョウカイボンの仲間の幼虫は捕食性で、色々な昆虫や小動物を食べていると思います。具体的にはわかりませんけど。トラップには餌は入れていません。偶然落っこちるのが捕まるだけです。

投稿: Ohrwurm | 2009年1月 7日 (水) 21時53分

>ジョウカイボンの仲間の幼虫は寒くても活動する

Ohrwurmさんがジョウカイボンの仲間ではないことははっきりしました。

投稿: Zikade | 2009年1月 8日 (木) 12時58分

Zikadeさん、はいはい、そのとおり、仕事は何とかこなしていますが、休眠状態です。

投稿: Ohrwurm | 2009年1月 8日 (木) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/43668919

この記事へのトラックバック一覧です: ジョウカイボンの仲間の幼虫は寒くても活動するようだ:

« 干支(えと) | トップページ | 2009年名古屋昆虫同好会総会・高橋昭さんの講演 »