« キャベツの中から出てきたヒメアカタテハ | トップページ | 佐倉統著「遺伝子vsミーム」 »

2009年1月30日 (金)

季節外れの雷鳴

 22:45頃のことだったと思う。外で何かが光った。どうやら雷らしい、と思った6秒ぐらいあと、雷鳴が聞こえた。
 外では雨音をたてて雨が降っている。この季節にしては珍しい雷雨だ。気温も高くて、それほど寒くない。雨が上がると、また寒くなるのだろうか。

|

« キャベツの中から出てきたヒメアカタテハ | トップページ | 佐倉統著「遺伝子vsミーム」 »

コメント

冬の稲妻という歌を思い出しました。
アリスのキンちゃんは何をしているのでしょうか。

>現在は六本木にて串焼き屋、神保町にてギターショップを経営している。

投稿: 熊80 | 2009年2月 3日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/43906988

この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの雷鳴:

« キャベツの中から出てきたヒメアカタテハ | トップページ | 佐倉統著「遺伝子vsミーム」 »