« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

2008年ももうすぐおしまい

 2008年もあと2時間となった。この1年を思い返してみても、忙しかった割には大した仕事はできなかったなぁ、という印象だ。
 来たるべき2009年は、年齢も一つの大台に乗るが、心身とももっと健康になり、もっと良い年にしたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

虫屋仲間でプチ忘年会

 名古屋出身で東京在住の虫屋のIさんが帰省するのに合わせて、名古屋でプチ忘年会をすることになった。集まったのは岐阜県在住の甲虫屋のTさん、静岡県在住の蝶屋のSさんとぼくの、全部で4人。SさんはIさんの大学時代の同期とのことだが、ぼくにとっては初対面になる
 せっかく名古屋に出かけるので、午前中に家族と一緒に名古屋に出て、想吃担担面で汁なし担々麺とマンゴープリンを食べ、地下鉄の桜通線と鶴舞線を乗り継いで大須観音へ。大須観音にお参りして、商店街へ。電子部品屋や息子らのためのゲームソフト屋や中古CD屋や沖縄物産店で買い物し、上前津駅から地下鉄名城線と東山線を乗り継いで名駅へ。テルミナの三省堂で本を見て、山積みされていた「読めそうで読めない間違えやすい漢字」という本を見たら、500円と安かったので、買ってしまった。そのうち、漢字検定のひとつ上の級を受けてみようと思う。
 午後3時半頃に家族は帰宅の途へ。そのあと一人で、JR高島屋の東急ハンズや三省堂で時間をつぶす。一人で名古屋に出てきても、なかなか行く機会が無い場所だけに良い時間つぶしになった。ところが、不意の腹痛でトイレに座ることしばし。それなりに奇麗なトイレだたので気分は悪くなかった。三省堂に行くと、様々な本が出ていることに気付かされる。いろいろ買いたい本はあったが、本を増やすのも問題なので、そのうち、また図書館にリクエストしてみようと思う。
 午後6時の集合時刻には全員が集合。中央郵便局の北にあるルーセント2階の琉球ダイニング「どなんち」へ。それなりに洒落た店だが、あまり琉球風ではない。泡盛の銘柄だけはたくさん揃っていた。料理はそれなりに美味しかったが、ごく一部を除き、本場琉球のものと言うには違和感のあるものが多かった。
 虫の話や虫屋の「業界」の話に花を咲かせ、ゆったりとした時間を過ごすことができ、名古屋まで出た甲斐があったというものだ。
 電車がなくなる、というSさんと別れてから3人でホテルの喫茶店で二次会。ぼくもあまり遅くなるのは辛いので、適当な時間に切り上げ、午後10:01発の近鉄急行で帰宅の途へ。
 津駅から帰る途中、空を見上げたら、奇麗に星が見えた。12月23日にもよく星が見えたが、それと同じぐらい良く見えた。時間が遅いので、オリオン座は南の空のかなり高い所に見えた。風があり、かなり寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

養老孟司/池田清彦/奥本大三郎 著『虫捕る子だけが生き残る』

養老孟司/池田清彦/奥本大三郎 著
「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか『虫捕る子だけが生き残る』
2008年12月6日発行
小学館 101新書 014
ISBN978-4-09-825014-1
700円+税

目次
 まえがき
 第一章 虫も殺さぬ人が人を殺す−虫の世界から見た教育論
 第二章 虫が生きにくい社会にしたのは誰か−虫の世界から見た環境論
 終章  虫が栄える国を、子どもたちに残そう−虫と共栄する未来へ
 あとがき

 12月6日の日本鱗翅学会東海支部第139回例会の折りに、特別講演の演者である著者の一人の池田清彦氏からも紹介があり、朝日新聞にも広告が出ていたので早く読みたいと思っていた。読むのが遅くなったのは、図書館にリクエストして、それが届くのを待っていたためだ。本代をけちろうと思っているのが主な理由というわけではなく(多少それもあるが)、面白いと思われる本は図書館買ってもらって、多くの人に読んでもらえた方が良いと考えるからだ。たかだか735円で買える本が買えないわけではない。
 本書は、著者三名による鼎談を本にしたものである。この三名による鼎談を本にしたものには『三人寄れば虫の知恵』(洋泉社)があるが、本書は同じメンバーによる鼎談が12年ぶりに実現されたものだ。
 この三人が集まれば面白くないはずがなく、実際に読んでみて、その場に居たいと思わせられる気になったのは、Zikadeさんと同じだ。しかしそれには、虫屋と自認している自分だからなのかも知れないと感じさせられる部分も多かった。明らかに誤りだと思われたり、言い過ぎだと思われたりする箇所はあちこちにあり、虫屋でない人に誤解を与えかねないと思われる部分も多々あった。特に第二章ではひどかったと思う。dantyuteiさんが批判する気持ちも理解できる。しかし、そこまで言いたい気持ちにさせられているのは、自分にはよくわかる。
 全体としては、身近な自然的存在である虫という現実的存在を通して、頭の中だけで空想した仮想的(バーチャル)な世界だけではなく、決して人間が制御しえない現実的(リアル)な世界を、五感を通して理解することを重要性を強調しようとしていることは確かだと思う。
 しかし現実問題として、自分が子どもだった頃と較べると、虫の数は明らかに少なくなり、特に街中では現実の虫に触れることすらままならないという現状では、身近なリアルな世界を体で理解する人間が、遠からず絶滅することは容易に想像できる。リアルな世界を体で理解できなくなった人間は、やがて絶滅するだろうし、頭の中だけで考えたことで政治や経済を動かしている社会の足元は、極めて危ういものだと言えると思う。そう言った意味で、『虫捕る子だけが生き残る』という本書の表題は、内容をよく表していると思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

今日は初雪・・・寒かった

 今朝家を出る時は多少風が強かったものの、雪は降っていなかった。バイクで走っていると途中で雪がちらつき始めた。この冬の初雪だ。
 職場に着いた頃には、まだそれほど強く雪が降っていたわけではないが、徐々に雪が強くなり、ほぼ一日中雪が舞う日になった。
 前の冬より早いが、例年よりは少し早い初雪ではないかと思う。
 さすがに、こういう日にバイクで通勤するのは辛い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネパール人のレストランへ

 今日は仕事納めだ。と言っても、特に行事があるわけでもない。だからというわけでもないが、昼食を職場の研究室のメンバーで揃って外でとることにした。職場は大変不便なところにあり、最も近い飲食店まで4kmほど、車でも10分近くかかる。その界隈には最近開店した店を含め、3軒の飲食店があるが、その中の最近開店した店に行くことになった。
 開店したのは1か月ほど前のことだが、突然店ができた、という感じだった。ぼくがこちらに転勤してきた頃、その場所は「松陽」というラーメン屋だった。ところが1回行ってしばらくしたら、そのラーメン屋が店を閉めてしまった。潰れたのかと思ったのだが、その暫く後に別の場所に移ったことがわかった。その後、その店の外装がいじられはじめたので、今度はどんな店ができるのかと期待したのだが、そのときは選挙事務所になってしまってがっかりした。その後ずっと空家になっていたのだが、やっと次の店が開店したのだ。
 その店は、ネパール人がやっている、インド・ネパール料理の「タージ・マハル」という店。とにかく、研究室のメンバーが誰も行っていないので、一度行ってみようという話になったのだ。
 調理場の場所は「松陽」だった頃と変わっていなかったが、壁が白くなり、明るくなった感じだ。天井の蛍光灯は蓋をかぶせられ、使えないようになっているかわりに、テーブルの上には裸電球が灯っている。壁にはインドかネパールかわからないが、それらしい装飾がなされた布が飾ってある。よく見れば安っぽい作りなのだが、雰囲気は悪くない。
 カレーが基本だが、それなりに豊富なメニューがあり、どれを食べようかと、ちょっと迷う。ランチセットが2種類あり、880円のものと、1,080円のものがあり、高い方を選んだ。料理が2品多く、デザートが付いている分だけ高いのだ。
 本日のカレーというのを選び、甘口、中辛、辛口、激辛とある中、辛口を選び、飲み物にはチャイを選んだ。カレーの皿は小さかったが、ナンは大変大きく、器をはみ出していた。本場のものがどんな味なのかは知らないが、十分に美味しく感じられた。それなりに満足だ。
20081226blog1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3年も生きていたアカガネアオゴミムシが死んだ

 職場で飼育しているアカガネアオゴミムシが3年も生きていることは今年8月12日のブログに書いた。そのアカガネアオゴミムシが、今日の調査のとき、ついに死んでいるのが確認された。採集されてから3年と3か月半ぐらいである。採集されるまでにどれぐらい生きていたか見当もつかないが、思いのほか長く生きたものだ。
 一週間から10日に一度の餌替えをしていたが、それもけっこう面倒なもので、これが死んでくれたことで、ちょっとホッとしたという気持ちもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

三重日独協会・クリスマス・ソーセージパーティーに参加

 何となく成り行きで三重日独協会の会員になってしまった。今日はその三重日独協会の主催によるクリスマス・ソーセージパーティーに何となく参加することになってしまっていたので、夕方から一番下の息子と一緒に出かけた。会場は三重県総合文化センターの中の一室。クリスマス前ということもあり、総合文化センターは見事に電飾されていた。会場に向かって歩いていると、やはりクリスマス風に電飾された家が何軒かあったが、これらはちょっとエネルギーの無駄遣いのような気もする。
20081223blog1

 午後にはお菓子作りの教室もあり、そちらにも参加していた妻によれば、そちらには40名ほど集まったそうだが、ソーセージパーティーには20名ほどしか集まらず、ちょっと寂しい気もした。ソーセージに限らず、ドイツ風の食べ物がいっぱいあり、堪能できた気がする。
20081223blog2

 グリューヴァインやグラーシュも美味しかった。
20081223blog3

 途中でドイツの歌を歌ったが、久しぶりに大きな声を出して歌ったような気がする。それまで、何となく調子が悪かったのだが、大きな声を出して歌ったら調子が良くなったような気がした。不思議なものだ。歌うことは、体に良いのかも知れない。なかなか暇がないので合唱団に参加するという気も起こらないのだが、体のために合唱団に入ってもいいかも知れない。できれば、元気な歌が歌える男声合唱団があるといいのだが、そういう合唱団があるのだかどうだかも知らない。
 会は夜8時半にはお開きになり、後片付け。9時前には解散となった。
 外に出ると、オリオン座が目の前に奇麗に見えた。歩いて家まで帰る途中、よく見てみると星がたくさん見えた。シリウスは燦然と輝き、その近くをみると、プロキオン、ポルックス、カストル、カペラなどの一等星はもちろん、三等星ぐらいまでが見えた。この街中でである。
 北を向くとカシオペア座が高く見えた。よく目を凝らすと、カシオペア座あたりには何となく天の川がぼんやり見えるような気がした。と言うことは、今晩はよほど空が澄んでいたということなのだろうと思う。
 そうこうしているうちに、家も近づき、体も少し暖まったような気がした。今日は日中はボーッとして過ごしたような気がするが、夕方以降はなかなか充実した時間を過ごすことができたような気がする。
 明日は外回りの仕事。頑張らなくては。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

昆虫採集の将来のことなど

 最近はさぼって投稿していないので、原稿が掲載されているはずはないと思っていたのに、月刊むしが2冊届いたので何事かと思った。しかし、中を見てみたら納得できた。以前送ったアンケートの回答の文章が掲載されていたのだ。
 虫を採集することによって、本当に虫は減ったり絶滅したりするのか?新しい産地などを発表するに際し、詳細を書くべきか書かざるべきか?というような質問に対する回答だ。
 ぼくは、なるようにしかならない、と考えているので、そのような主旨で回答した。匿名で掲載されているが、わかる人にはどれがぼくの回答かわかるだろう。
 昆虫採集の将来が明るいとはとても思えないが、本当に虫が好きな人には、やるべきことはたくさん残っていると思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

我が家に炬燵が登場した

 いろいろな反対意見があったため、我が家にはずっと炬燵が無かったが、ついに意を決して買ってしまった。ストーブをガンガン焚くより省エネルギーになるのではないかという目論みもあったが、家族が集まる場所になるのではないかということも期待していた。その期待どおり、家族全員が一か所に集まる時間が増えたような気がする。家族団らんと言えるかどうかわからないが、悪いことではないと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

蛹からはいつも蝶が出て来るわけではない

 石森愛彦さんからお手紙をいただいた。カメムシの写真が一枚入っており、名前を教えて欲しいとのこと。そのカメムシは日本の図鑑には載っていない種で、まだ学界にも正式に報告されていないものだと思う。たまたまカメムシBBSに写真が載っていたので、南西諸島に棲息するアシビロヘリカメムシに近縁なLeptoglossus occidentalisというヘリカメムシの一種だということがわかったが、どういう理由で東京の街中で採れたのか謎だ。アメリカ原産の種で、近年ヨーロッパに侵入し、針葉樹の種子を加害するので問題になっているらしい。
 カメムシの写真と一緒に、石森さんの出版物のコピーがいくつか添えられており、『ようちゅうボウヤのとりこしぐろう』のその後の経過のお知らせもあった。なかなかうまくいかないとのこと。
 同封されていたコピーのひとつ、『「虫の本」より「本物の虫」』というエッセイ(北海道子どもの本連絡会『ひろば』No. 106, 2008年9月)には大いに同感した。
 今の人は、本物の虫を見るより、本やテレビなどを通してみる方が好きな人が多いのではないかと思うが、それは本当の「虫を見る楽しみ」を放棄しているのではないか、という趣旨だ。テレビで見ると、蛹からは必ず蝶が羽化し、きれいに翅を伸ばす。ところが、実際にはそうならないことの方が多い。野外から蝶の幼虫を採集して飼育したら、蛹から蝶ではなく、ハチやハエが出てきた、という経験を持っている人は少なくないと思う。でも、テレビではそういう場面を映すことは滅多に無い。テレビが寄生蜂や寄生蝿を映さないのは、それが「あって欲しくないもの」であることを示しているのではないかと思う。
 冷静になって考えれば、産まれた卵が途中で死なずに全部蛹になって、それから全部蝶が羽化してくると、世界中が蝶で埋め尽くされてしまうと想像される。しかし、現実にはそんなことにはならず、平均的には、1頭の雌が産んだ卵から、1頭の産卵できる雌が生き残っていることになっているはずだ。それまでに、風雨にやられて死んでしまうものもいれば、寄生蜂や寄生蝿にやられて死んでしまうものもいて、やっと「1頭の雌が産んだ卵から、1頭の産卵できる雌」という状況が実現される。
 立場を変えて、寄生蜂や寄生蝿の側から現象を見るのも面白いと思う。いかにしてうまく寄生に成功しようかと、寄生蜂や寄生蝿は様々な策略を巡らしているはずだ。近年、施設野菜などでは「天敵農薬」として、寄生蜂が利用されるようになってきた。化学農薬の代わりに、寄生蜂を利用して害虫を殺そうというものだ。農業害虫研究者は、いかにして寄生蜂が効率よく働いてくれるようにするか、ということを追求している。
 いずれにしても、本に書かれたものや、テレビで見たものより、実物の虫を見ることほどワクワクすることはない。ぼくがフィールドに出る原動力はそこにある。何か見ることができるのではないか、と。そういう愉しみを多くの人が知ってくれればなぁ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末調整・・・・・ちょっと嬉しい

 今日は今年最後の給料日だ。と言っても、貰ったのはやはり明細書だけだ。ボーナスでは所得税をガッポリ持っていかれたが、今度は年末調整でかなり戻ってきた。ちょっと嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

90000アクセス御礼

 気が付いたらアクセスカウンタが90000を超えていた。アクセスしていただいた皆様に御礼申し上げたい。この調子で行くと今年度中には1桁増えそうな勢いだが、そこまで勢いが続きますからどうやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東(あゆ)の風

 つい最近のことだが、メモを取らなかったので、どこに書かれていたのか思い出せないが、東(あゆ)の風のことである。
 そこに書かれていたことによれば、東の風は幸せを運んでくる、という言い伝えが愛知県を中心にあるそうだ。「あいち」という名前も「あゆち」から来ているらしい。そこで思い出したのが、ぼくが卒業した小学校の校歌だ。
 この校歌は、小学生としてのぼくが理解するにはちょっと難しく、ただ意味もわからず、記号と化した言葉を憶えて歌っていた。そこに「幸送り吹く 東の風」という一節があり、これも意味が解らなかった。あらためて歌詞を見てみても、読みにくい言葉がたくさんあり、とても小学校の校歌とは思えない。同じ「つたえ」と読むことばに、「嗣承」、「伝統」、「伝承」の3通りの漢字が使われている。
 そういう校歌の小学校を卒業したものだから、進学した中学校の校歌があまりに幼稚に思え、ちょっと情けなく思えたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

ボーナス・・・・・がっくり

 公務員準拠なのでボーナスが出た。と言っても現金支給ではないので、明細書をもらっただけだ。明細書を見て・・・・・がっくり。去年の冬のボーナスよりも明らかに少ないのだ。帰宅してから去年の冬のボーナスの明細書と見比べたら、所得税が信じられないぐらいたくさん引かれていた。
 この経済状況の中で、ボーナスを貰えるだけで良いではないか、という声も聞こえそうだが、皮算用が外れたことに違いはない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

巨大な流れ星か?

 四日市からの帰り道、薄暗くなった空に金星と木星が輝く下、鈴鹿市から津市に入ったあたりの国道306号線を運転していたら、その金星と木星が見える南西の空のその2つの星の下を西から南に向かって、まぶしく輝くものが非常な高速で飛ぶのが見えた。飛行機にしては速すぎるし、異様に明るかったが、流れ星だったとしか思えない。車についている時計を見たら17:20だった。
 まだ石垣島に住んでいた2001年11月19日未明に見たしし座流星群では、明るい流れ星が次々と飛ぶのを見て驚いたが、今日見た流れ星と思われるものは、それより遥かに明るいものだった。
 今日ぼくが見たものは、本当は何だったのだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三重昆虫談話会2008年例会・・・市橋甫さんを偲ぶ会

 昨日、名古屋まで出かけて疲れたせいか、今朝の寒さのせいか、体調はあまり良くない。腹具合が良くないのが諸悪の根源かも知れない。
 連日の虫関係の行事だが、今日は四日市市の鈴鹿山麓にある三重県環境学習情報センターで開催された「三重昆虫談話会2008年例会」に出かけた。今日は休養をとって休むつもりでいたのだが、今年の7月に亡くなった市橋甫さんを偲ぶ会、ということなので多少の体調不良をおして出かけることにした。
 講演は市橋さんの思い出を語るもの2題、市橋さんが関わっていた篠立の風穴調査の映像紹介、市橋さんの名前がついた虫や、市橋さんが発見した虫に関する話題が4題。三重県の虫屋に与えた市橋さんの影響の大きさを実感させられるものだった。
 懇親会も予定されていたが、体調もあまり良くないし、夜遅くなると明日に差し支えるので、欠席させていただくことにした。出席すればたぶん楽しいんだと思うのだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

日本鱗翅学会東海支部第139回例会

 会員外の出席大歓迎、ということだったので、会員でもないが、日本鱗翅学会東海支部第139回例会に出かけた。会場は一週間前に日本昆虫学会と日本応用動物昆虫学会の東海支部会の講演会が開催されたのと同じ名城大学だ。
 朝、家から駅へ向かう途中の津偕楽公園。一週間前にも通った道だが、そのときにはそれほど多く落ち葉が落ちていたという印象は無かったのだが、今日はずいぶんたくさんの落ち葉が落ちているような気がして、ついつい写真を撮ってしまった。
20081206blog1

 せっかく名古屋まで出かけるので、いろいろと用を足そうとした。まずは「生せんべい」を探すこと。これは話の種として職場に持って行くつもりなのだ。ところが、名古屋駅界隈、その後に立ち寄った大須界隈のいずれでも見つけることはできなかった。御園座にあるという情報はあったのだが、御園座に用は無いので無視することにした。大須では、これまで気が付いていなかったのだが「にらい」という沖縄物産の店を見つけた。沖縄物産の店と言えば、大阪日本橋の駅の近くの「なんばウォーク」にある「ちゅらり」に何度も行ったことがあるし、名古屋の栄にも「わしたショップ」がある。それらに較べても「にらい」は店舗の面積も広く、品揃えも良いように思えた。名古屋に行く時には大須にはよく行くので、これからの巡回コ−スに入れたい店だ。欲しいものはいっぱいあったのだが、沖縄物産ではないが沖縄で普通に見られるA&Wのルートビアを買った。知らないうちにデザインが変わっていた。
20081206blog2

 余計な話はこれぐらいにして、本題の鱗翅学会の例会のことを書かなければいけない。今回は、特別講演として、池田清彦氏の「多細胞生物の進化メカニズム」という講演があった。今回出席しようと思ったのは、この講演があるからだ。今年になってから、池田氏の著書をいろいろ読んだが、まだご本人には直接会ったことがなかった。だから、是非とも直接話を聞いてみたいと思ったのだ。
 内容は、池田氏が主張している構造主義生物学的な考え方に基づいた進化のメカニズムについての話で、池田氏の普段の主張を知っていないとなかなか理解が困難な内容ではなかったかと思う。話はしょっちゅう脱線したが、ネオダーウィニズムに対する批判は、これまでよりよく理解できるようになったと思う。しかし、それにしてもベラベラとよく喋る人だと思った。頭の回転の速い人だと思う。
 懇親会にも出ようかと思っていたが、池田氏は所用で次の場所へ行かなければならないということで懇親会に出ないということがわかったので、懇親会は失礼することにしてしまった。
 会場を後にして、名古屋駅に向かい、西口の地下街「エスカ」にある「想吃担担面」で担々麺を食べた。時計を見ると「快速みえ」の時間までが微妙なので、本当は「汁なし」を食べたかったのだが、早く食べられると思われた「汁あり」を頼んだ。デザートはマンゴープリン。ここでマンゴープリンを食べるのは2回目だ。ちょっと高価だと思うが、やはり美味しい。
 ゆっくりしていては「快速みえ」に間に合わないので、急いで駅に向かったら、ちょうど列車が入ってきたところだった。行列が長かったので座れないと思っていたが、運良く座ることができた。座れなくても良かったので、もう少しゆっくりと担々麺を食べれば良かったと、若干後悔した。
 津駅で降りると冷え込んでいた。防寒具を身につけ、家に急いだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

キャベツは五角形

 今日は職場でキャベツの収穫調査をした。風もなく、暖かい日で、収穫日和だった。
 収穫作業を手伝ってくれていたTさんが「キャベツって五角形してるんやなぁ」と言う。よく見てみると、畑のキャベツは全てと言って良いほど五角形に見える。何で今まで気付かなかったのだろう。キャベツは円形をしているものとばかり思っていた。それとも、植えてあったキャベツの品種の特性なのだろうか。
20081204blog1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »