« 祖母の二十七回忌で実家へ | トップページ | ハサミムシの同定の実習を行う »

2008年10月16日 (木)

あてにならないバス時刻表

 某プロジェクトの研修会の講師を依頼されて、ツクバにある果樹研究所に出かけた。ハサミムシの同定法についての講演だ。ハサミムシは、ぼくの研究生活の出発点における材料だったので、それをネタに話をする機会を作っていただいたことは、やはり嬉しい。
 インターネットで列車やバスの時刻を調べ、津駅7:21発の近鉄の急行(この列車は名古屋に到着するまでに特急に1回も追い抜かれない数少ない急行の一つだ。途中で2本の特急に抜かれる急行も少なからずあるので、1回も追い抜かれないのは気分が良い。)に乗り、つくばエクスプレスのみどりの駅に11:45分に到着し、みどりの駅の近くで食事をとって土浦行きのバスに乗って榎戸バス停で降りて、そこから果樹研究所まで歩いて行く計画を立てた。
 ところが、朝予定より早く準備ができたので、その1本前の7:11発の急行に乗る事ができた。すると名古屋では予定より10分早い新幹線に乗ることができ、しかもそれはN700系だった。東京で京浜東北線に乗り換え、日暮里で常磐線に乗り換え、北千住でつくばエクスプレスに乗り換えてみどりの駅には予定より30分早い11:15に着いてしまった。ちょっと時間は早いが食事にすることにした。入った店は駅から歩いて数分のところにある「にんたまラーメン」という看板が出ている店。津市にもあるチェーン店だが、興味惹かれる店だったので当初からチェックしていた。チェーン店なので大きな期待はしていなかったが、それなりに美味しく、スープも飲み干してしまった。と言うことは、ぼくにとっては合格点だった。
 20081016blog1

 そこであらかじめ調べておいたバスの時刻までしばらくあったので、店の中で持参した新書を読んで時間をつぶし、バス停に向かった。するとどういうことか、インターネットに出ていたのとは時刻表が全く異なっており、バスは出たすぐあとだった。目的地の近くまで行く次のパスまでに40分近く待たなければいけないことがわかり唖然とした。そこで気を取り直し時刻を計算すると、歩いて行っても開始時刻に余裕で間に合うことがわかったので、黙々と歩き始めた。天気が良く気温もやや高かったが、幸い荷物も軽かったので、足取りも軽かった。歩き始めてしばらくすると、何やら誰かに後を付けられているような気がして後ろを振り向いた。すると、長身の若い女性が日傘をさして歩いていた。やがて間は徐々に縮まり、ついには追い抜かれてしまった。足を動かす速度はほとんど同じなのに、歩く速度が違うのだ。どうやらぼくの歩幅が小さいらしい。はっきり言って悔しかった。その女性も同じ方向に歩き、女性が交差点で信号に引っかかる度に、ぼくが少しずつ追い付くなどして、差が開いたり縮まったりした。その女性がサイエンス大通りの信号に引っかかったときに何とかまた追い付いた。女性はサイエンス大通りを渡ったところで方向を変え、ぼくと別れることになった。みどりの駅から歩いてきたとしたら、その女性もかなりの距離を距離を歩いたことになる。ぼくと同じ酔狂な人だったのだろうか。ぼくはそのまままっすぐ歩き、上横場の信号の少し手前で脇道に入り、目的地の果樹研究所に向かった。ラーメン屋を出てから約45分で着いた。かなり早足で歩いたつもりなので、距離は4kmぐらいあったのではないかと思う。それにしても良い運動になった。
 目的地に着いてから地元の人にバスの時刻が変わっていた話をすると、「関東鉄道バスはちょくちょくダイヤが変わるのに、それを知る方法がバス停に行かなければわからないんですよ」とのこと。それにしても、とんでもない目にあったと感じた。みどりの駅に着いたときに、ちゃんとバス停で時刻表を確認すべきだった。
 今回の出張では、ぼくのハサミムシのほか、寄生蜂、クモ、ゴミムシ、トンボの同定法の講演があった。ぼくのハサミムシは他の分類群と較べると、種数が遥かに少ないので、十分に余裕のある話ができたと思う。
 夜は研究所の中での懇親会。この類の懇親会はあまり好きではない。何故かと言えば、ぼくの体は食べ物として汁物を要求するのだが、この類の懇親会では汁物が出る事は決してなく、水分を摂ろうと思えば、ビールかジュースかウーロン茶を飲むしか無いのだ。懇親会を終えてホテルに行っても、体が汁物を欲していたのだが、そんなものはなく、我慢して寝ることにした。
 明日は受講者が持参した材料を見る実習だ。どんな材料が見られるか楽しみだ。

|

« 祖母の二十七回忌で実家へ | トップページ | ハサミムシの同定の実習を行う »

コメント

長身の若い女性との一節は最高でした。

仕事中に読んで、吹き出しそうになったじゃありませんか(^^;

投稿: 熊80 | 2008年10月18日 (土) 09時38分

熊はん、あんときは、ホンマにショックでした。

投稿: Ohrwurm | 2008年10月18日 (土) 20時37分

東国にいらしているのですね。

》長身の若い女性との一節は最高でした。
ふふふ 最高??になりかけたところで、
》女性はサイエンス大通りを渡ったところで方向を変え、ぼくと別れることになった。
なんて、酔狂な人とは思えませんね>Ohrwurmさん (^^ゞ
『伊豆の踊り子』か、松本清張の『(題名失念)』もどきの甘く緊張感のあるミステリープロット展開にドキドキしました。

σ(^-^)は若い頃は歩行中に(山でも)誰か他の歩行者(登坂者)に追い越されるということはまずなかったのですが、虫を観察するようになってからは山では、そうして変形性膝関節炎に悩まされるようになって以降は街でも、追い越される視界が当たり前になってます。ケータイを使いながら歩く人には時々ぶつかりそうになりますが。

庭にもハサミムシが発生していますが、腐った枕木にいるのや、スズムシの餌が腐敗したのに集まってくるのや、幼虫のステージもいろいろありそうで、素人同定は難しいですね。

投稿: こけた | 2008年10月19日 (日) 09時08分

こけたさん、どうもです。
 あとから考えたのですが、バスの便が少ないところでは、あれぐらい(少なく見積もっても3kmはあったと思う)歩くのは日常なのかも知れないですね。
 研修会では「ハサミムシの同定は難しくない」という主旨で話をしてきました。南西諸島を含めた日本全体でも、たかだか30種にしかなりませんので、他の分類群と較べれば、格段に易しいですよ。

投稿: Ohrwurm | 2008年10月19日 (日) 22時37分

 今年、私もネットで時刻を調べてから出向き、帰りの時刻が変更されているのを気づかず乗り遅れました。
 私の場合、船でしたので泳いで帰る訳にいかず2時間待ちました(涙)
 市の運営するHPを見たのですが更新されていない事があるんですね!ご用心ご用心~

投稿: シロヘリ | 2008年10月20日 (月) 21時11分

シロヘリさん、どうもです。
 インターネットの情報を過信してはいけないという良い教訓になりました。
 そのかわり、良い運動不足解消になりました。

投稿: Ohrwurm | 2008年10月20日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42818420

この記事へのトラックバック一覧です: あてにならないバス時刻表:

« 祖母の二十七回忌で実家へ | トップページ | ハサミムシの同定の実習を行う »