« アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2008東海北陸地区大会 | トップページ | あてにならないバス時刻表 »

2008年10月13日 (月)

祖母の二十七回忌で実家へ

 大学生だった頃亡くなった祖母の二十七回忌で実家へ日帰りした。新しくなった車での初めての帰省だ。新しい車には色々な機能がついており、それなりに面白い。燃費が数字で示されるのは、いわゆるエコ運転を目指す自分としては面白い。走りはじめたときには12.5km/lだったのが、エンジンの回転数を上げないことに心がけたら、帰宅した時点では12.9km/lまで燃費が向上した。1500ccの車としてはこんなものだろうか。
 法要の後、食事をとり、親戚が帰ったあとで、両親と我々夫婦と弟夫婦と一緒に今後の話をした。そのあとでの雑談。この先の日本は将来が無い、ということでいろいろ話す。小泉純一郎は引っ掻き回すだけ引っ掻き回して引退してしまうのは卑怯だとか、これから日本の人口が減って行くのは明らかなのに経済が成長するのを是とするのはおかしいとか、目先のことしか考えていないという点では自民党も民主党も同じでどうしようもなく、現実離れしているものの共産党の主張がまだ一番まともだ、などというところで意見がほぼ一致した。環境問題、食料問題、エネルギー問題をとっても、科学者がいくら頑張ってデータを出しても、それを政治家が全く見ようとしないようでは、どう見ても日本の将来が明るいようには見えない。それをどうしていくのか、それを決めるのは、我々や我々より若い世代の人間だと思うが、組織にがんじがらめにされていたり、糧を稼ぐだけで精一杯だったりして、とてもそこまで考える余裕のある人間が多いようにも思われない。第二次大戦後、日本がこれまで行ってきた無理が、そのまま負の遺産として遺されているようなもので、暗澹たる気持ちになる。自分たちは、最低でも次の世代の人間のことまで考えて行動したいものだと思う。

|

« アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2008東海北陸地区大会 | トップページ | あてにならないバス時刻表 »

コメント

27回忌というのがあるんですね。父が死去して来年で27年です。孫がのべ7人、曾孫も2人います。27回忌の計画はないのですが、どうするか・・・私の祖父、祖母が死去して三十数年・・その27回忌は行なわれなかった。私の子どもたち(父の孫)は自分たち夫婦のこと・・・育児やら職業生活やらでもう手一杯な感じです (~_~;)

私は3年半前に買い替えましたが、やはり燃費のディスプレー(リアルタイムと累積)がついています。
トリップメーターをリセットすると、累積燃費もリセットされる仕組み。リセットして、中・長距離のドライブで高速道路や信号の少ない地方の道路メインに走っていると2500CCでも10.2~10.3Km/lの高成績がでます。

そうなると、せっかくの成績を落としたくなくて、街中を走るときも急発進や追い越しなどは控え、かなり遠くの信号を予測しながら、ブレーキを極力使わない慣性運転法になります。後続のドライバーのタイプによってはかなりいらつく「迷惑運転」になっていると思います"(~_~;),アセ"

信号ストップや渋滞走行なんかで成績が11.0→10.0→・・・と下がってしまって、昨日みると過去2ヶ月間、のべ1300キロほどの走行でトータル燃費は9.6Km/lです。10.0を切ったあたりからは周囲に迷惑な「エゴ」運転は止めることにして成績は転落の一途、そろそろリセットですね (~_~;)

あと、この燃費、トータルの燃費かどうか、疑わしい。速度がゼロの時のアイドリング時や、エアコン稼働に消費される燃料は表示される「走行燃費」に含まれていないフシがあります。(メーカーに確認してませんが)

池田清彦氏あたりは、エコーカーも開発に関係した費用やエネルギー・資源のロス、税金優遇措置という社会的負担をしたり、廃車処分のことまで考えたトータルな見地からはエコかどうか疑わしいとしていますね。
また「エコ替え」で日本で廃車となった車も、排ガス対策装置や安全性向上対策装置など取り外されて、発展途上国で元気に黒煙をまき散らして走行している現状では、日本は地球環境汚染の輸出国よわばりされても仕方ありません。

戦後復興、高度成長の「負の遺産」、おっしゃるとおりです。次代にのこさないのはもちろんですが、他国に押しつけない・・・・これも。
》これから日本の人口が減って行くのは明らかなのに経済が成長するのを是とするのはおかしい

慧眼ですね!!

かつて、高度成長の真っ直中で、中小零細企業が後継者難で廃業していくのをとらえて、「被雇用者に定年があるように、中小零細企業に廃業があってもいい」・・・というようなことをおっしゃる官僚の話を内輪の会議で聞いたことがありましたが、大企業の寡占、大型店の商店街封殺を是認する論拠を補足する意図からの発言だとは思いますが、定年のことなど考えもしなかった当時の私には新鮮な視点でした。

投稿: こけた | 2008年10月14日 (火) 12時58分

こけたさんもかかれていますが、「迷惑運転」になりませんよう。
また経済運転ばかりに気をとられて、「大変なこと」になりませんよう。
まずは「安全運転」で。

投稿: 同乗する女 | 2008年10月14日 (火) 13時24分

>これから日本の人口が減って行くのは明らかなのに経済が成長するのを是とするのはおかしいとか

 経済については詳しくないですが、欧米諸国のようにGDPは大きくなくても一人あたりの所得が多い国になるためには、さらに経済成長が必要ではないでしょうか。

 車の燃費も重要なことですが、火力発電所の方が自動車よりも石油をきれいに燃やすので、電車を是とする考え方もあります。

 視点はいろいろあるという話でして。

投稿: 熊80 | 2008年10月14日 (火) 14時19分

  熱海の疲れが出ております。よく遊びよく食べ、そしてよく歩きました。

 小泉の罪については同感です。
 
 9年前に免許を取った時、自動車学校で教えてもらった通りの運転をすれば「迷惑運転」になってしまうので、どうしてよいかわからかなったことがあります。

 速度制限の表示+10キロくらいなのかな、と考えたり。

 そのうえ、いろんな面で未熟ですから、同乗する男(免許無し)が「この車、血栓になってるぞ」といつもぼやいておりました。

 流れに乗るということは、運転だけではなく、生活全般で、ある程度必要なんでしょう。

 それ無しだと自分もしんどいし、周りにも迷惑がかかります。

 そんなことが50を前にわかってきました。

投稿: chunzi | 2008年10月14日 (火) 18時45分

思いのほか多数のコメントをいただいて冷や汗タラタラです。
 祖母は、今の時代を考えればやや早死にでしたので(とは言え、70は超えていましたが)、もう二十七回忌です。明治43年生まれでしたので、今生きていれば99歳です。父母は二人とももうすぐ80に手が届きます。
 父親と電話で話すことはありますが、電話では話が弾まず、顔をつきあわせて話をすると、ホンネがいろいろ出てしまうものだと思いました。書き忘れたこともいろいろありまして、新聞やテレビなどのマスコミがだらしがないとか(ラジオはまだ多少はマトモだが、新聞社は「大本営」の発表を書いているだけで、新聞社としての役割を果たしていないとか、民放テレビはくだらない番組ばかり作って、営利企業とはいえ、電波の公共性をないがしろにしているとか)、テレビのデジタル化は家電業界を喜ばせるためにしかなっておらず、テレビを買い替えなければいけない視聴者や、放送施設を更新しなければいけない放送局とかは、設備投資にカネが必要で困っているとか、日頃思っている愚痴をダラダラと聞いてもらいました。
 ぼくのエコ運転は、基本的には流れに乗った運転だったと思います。エンジンの回転計とにらめっこでしたが、2000回転を超えないように、などと注意してアクセルを踏んでいました。基本的にスピードを出しすぎない運転ですから、危険な事故に繋がる可能性は低いと思いますよ。>同乗する女さん
 こけたさんの「負の遺産を他国に押し付けない」という視点は重要だと思います。既に他国にかなり無理を押し付けていると思いますので、そのしっぺ返しが怖いです。
 熊はん、GNPどうこうより、税金を無駄無く使うということが国民の幸福感に繋がるのではないかと思います。カネ(経済)を回転させるためだけに、だれも使わないような施設に投資することなどは愚の骨頂でしょう。
 chunziさん、熱海は楽しまれたようで何よりです。ロボコンと法事に重なってしまったので出席できなかったのは残念でした。ぼくも若い頃に較べれば、回りに合わせる事が格段に多くなったと思います。この歳になって無理矢理我を通すエネルギーも無くなってしまいましたし。
 しかし、某小泉さん。首相になったときと今の日本を比較して、国民が幸福感をより多く感じるようになったかどうか、どう感じているのでしょうねぇ。はっきり言葉に出していただきたいと思います。もう一度書きますが、このまま引退するのは卑怯です。引退する前に、自分が行ったことを総括すべきでしょう。

投稿: Ohrwurm | 2008年10月14日 (火) 20時19分

 スピードを出さないことが却って危険を呼ぶ場合があると思うのですが、いかがでしょうか。 

 同乗する女さんがおっしゃりたかったのもそんなことでは?

 家計でもたぶんそうですが、無駄のない経済というのは絵に描いた餅で、存在しえないと思います。

 軍事予算を即時削減して福祉に回しますという、共産党のチラシを見るたび、「そんなことが出来たら苦労はせんわい」といつも思います。

 これも、おっしゃる「無駄」の一例ではないですか。

投稿: chunzi | 2008年10月14日 (火) 20時28分

chunziさん、加速をゆっくりしているだけで、スピードを出していないわけではありません。先に見える信号が赤に変わるのがわかれば、アクセルをゆるめてニュートラルに切り替えるなどということもやりますけど。まあ、一応回りの流れ乗った運転はしているつもりです。
 共産党が言うところの福祉がすべて必要なものかどうかわかりませんよ。絶対無駄もあるはずです。
 クルマのハンドルにもアソビがあるように、何事にも「無駄」ではなくて「アソビ」は必要だと思います。今の世の政治家の皆さんは、「無駄」と「アソビ」の区別がついていない人がほとんどなのではないでしょうか?

投稿: Ohrwurm | 2008年10月14日 (火) 20時53分


Ohrwurmさん、論点が定まらないので、議論が成立しないと思います。専門のお仕事ではそんなことはないと思いますが。

 同乗する女さん、ご無沙汰しております。どうか、マイペースでどうぞ。

投稿: 熊80 | 2008年10月14日 (火) 22時11分

 私が言いたかったのは、日共が安保条約のことやそれに基づいた先行発注など、現実的な問題を無視して、軍事費即時削減を唱えたり、あるいはまた代替財源を考えず消費税廃止を提唱したりすることです。あの党の出す福祉政策に無駄があるかどうかという話はしておりません。

 また、政治におけるアソビとは何か、私にはとんとイメージが湧きません。権力というものはもっと差し迫ったものであるような気がします。

 昨日名古屋でグリーン車から降りる時、隣の8号車から東国原知事が出てきて、もろに目が合いました。野心が背広を着て歩いているような姿です。この人など、政治が権力であることの生き証人のように思えます。宮崎をどげんかせないかん、なんて言って、要するに自分がのし上がりたいだけ。

 国の政治も、こうしたここの欲望の集合体です。そんな人たちが動かすものに、アソビなるものはないのではないでしょうか。

 加速のスピードが周りと違うことも、血栓の要因になるのではないですか←若葉マークだった時の経験。

投稿: chunzi | 2008年10月14日 (火) 23時17分

いろいろ書いたので、論点が定まらないのは、ご指摘のとおりです。このブログで正面切った議論をするのにも限界がありますし、ここで色々書いたからと言って、社会が動く事はないでしょう。でも、「あのとき自分はあのように考えていたんだなぁ」と、あとから思い出せるように書き残しておきたいと思っています。
 と言うことで、まだ書き忘れたことがありました。社会主義や共産主義は早々に頓挫したけれど、資本主義も先が見えてきた。それなのに、それに代わるシステムが無い。という話もしてました。大きな欲望なり野心なりをもった人間が出てきた場合、その暴走を止めるシステムを具体的に作ることは困難だと思います。政治家が「世のため」だと思って行動してくれているうちはまだマシですけど、「世のため」と言いながら、実は「自分のため」に行動してもそれを止めることはできません。それを防ぐには、せめてそういう人間を選挙で選ばないようにすることぐらいしか頭に浮かびません。
 政治のアソビというのは、確かに実感がわきません。でも、社会システムや行政にはアソビは必要だと思いますし、いろいろ想定できるのではないかと思います。ギチギチに固めてしまったら、身動きがとれなくなってしまいます。でも、アソビのさじ加減は難しいと思います。

投稿: Ohrwurm | 2008年10月15日 (水) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42779302

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の二十七回忌で実家へ:

« アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2008東海北陸地区大会 | トップページ | あてにならないバス時刻表 »