« 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 | トップページ | 信州のセミは少なかった »

2008年9月 2日 (火)

クツワムシ vs アオマツムシ

 クツワムシもアオマツムシも、どちらも騒々しい鳴き声の虫だ。
 今日は仕事がなかなか片付かず、真っ暗になってからの帰宅になってしまい、その頃には、職場の前ではアオマツムシが騒々しく鳴いていた。クツワムシも鳴いているはずだと思って耳を澄ますと、ちょっと離れたところから鳴き声が聞こえてきた。
 クツワムシの鳴き声は騒々しいはずなのだが、アオマツムシの「騒音」にかき消され、騒々しさを感じることはできなかった。
 帰り道の途中にもクツワムシが多い場所があるのだが、ここではクツワムシは多少は健闘していたものの、やはりアオマツムシの鳴き声に完全に負けていた。
 この時刻になると、アオマツムシの鳴き声も少しは治まってくるので、クツワムシが息を吹き返しているかも知れないが、実際はどうなのだろうか。我が家ではクツワムシの鳴き声を聞くことができないので、現地まで出かけないことには確かめることができない。

|

« 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 | トップページ | 信州のセミは少なかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42361202

この記事へのトラックバック一覧です: クツワムシ vs アオマツムシ:

« 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 | トップページ | 信州のセミは少なかった »