« 実験室が水浸し | トップページ | 寒風の中の運動会 »

2008年9月26日 (金)

南西諸島以外でもアカホシカメムシが

20080926blog1
 昨日から1泊でアカホシカメムシを見に行ってきた。東南アジアでは棉作害虫として有名な虫で、南西諸島でも珍しくも何ともないのだが、南西諸島ではない場所で発生したのが問題だ。去年も発生して、ぼくが書いた論文をたよりにKさんから連絡していただいたのだが、去年はとても忙しかったので、現地に乗り込む余裕が全くなかった。南方系の虫なので冬の寒さに耐えきれず、今年は発生することはないだろうと思っていたのだが、今年も発生しているという情報をKさんから1か月ほど前にいただいたので、時間をやりくりして現地を案内していただくことになった。
 アカホシカメムシは、畑の周囲に植えられているアオギリと、家庭菜園のオクラ、それに生け垣のムクゲから発見された。オクラの大産地のオクラ畑では、幸い見つけることはできなかった。定着してしまった可能性が高いので、今後オクラの産地ではそれなりの対策が必要になると思われる。

|

« 実験室が水浸し | トップページ | 寒風の中の運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42603814

この記事へのトラックバック一覧です: 南西諸島以外でもアカホシカメムシが:

« 実験室が水浸し | トップページ | 寒風の中の運動会 »