« 信州のセミは少なかった | トップページ | 2008年のセミの動向5 »

2008年9月 8日 (月)

ダイズ畑のアオマツムシ

 今日は職場の外へ調査に出かけた。出かけた先は、有機栽培を行っている農家さんの畑だ。
 調査を始めると、すぐ隣にあるダイズの畑のあちこちからアオマツムシの鳴き声が聞こえてきた。まだ陽も高いのに。
 街の中だとアオマツムシは、ソメイヨシノなどの樹木の上の方に居ることが多く、鳴き声がやたら聞こえる割には、その姿を見る機会は少ない。鳴くのが暗くなってからだということも、姿を見る機会が少ない理由の一つだ。
 今日は自分の腰の高さより低い所で鳴き声が聞こえるわけだから、探さない手は無いと思った。するとほどなく鳴いているアオマツムシの雄を発見できた。よく見てみると、すぐ近くに雌もいた。
 それにしてもこのダイズ畑のアオマツムシ、ずっとここに住み着いているのだろうか?アオマツムシは木本植物で生活しているという印象があまりに強いので、意表を突かれた気がするのだ。ちょっと離れた所に、さほど大きくはないソメイヨシノがあったことはあったのだが。
20080908blog1_2
 普段アオマツムシを詳しく観察しているわけではないので、見当はずれの予想をしているかも知れないが、これを見て、雌がすぐ近くにいたから陽の高いうちからアオマツムシの雄が鳴いていたのではないかと思った。

|

« 信州のセミは少なかった | トップページ | 2008年のセミの動向5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42420745

この記事へのトラックバック一覧です: ダイズ畑のアオマツムシ:

« 信州のセミは少なかった | トップページ | 2008年のセミの動向5 »