« 朝早く鳴くセミ その2 | トップページ | 2008年セミヤドリガ幼虫初見 »

2008年8月10日 (日)

安濃川の河原のヤナギにはグンバイムシがいっぱい

 図書館に行った帰り、何とはなく安濃川の河原に生えるヤナギを眺めると、何となく葉の色が黄色っぽく感じられた。
20080810blog1
 何か虫がついているに違いないと思って葉を手に取ってみると、グンバイムシが多量に発生していた。ヤナギグンバイだ。付近の3本ほどのヤナギの葉が同じような色になっていたので、そちらにも多量のヤナギグンバイが発生していたに違いない。おそらく、この付近のヤナギだけでも、ヤナギグンバイの個体数は万の桁を超えているのは明らかだ。
20080810blog2

|

« 朝早く鳴くセミ その2 | トップページ | 2008年セミヤドリガ幼虫初見 »

コメント

うちの近所のヤナギでも同じような状況になっているのを見たことがあります。長期間続いたら枯れたりしないんでしょうかね。↓
http://flatbugs.blog76.fc2.com/blog-entry-73.html

投稿: かりしうす | 2008年8月22日 (金) 22時46分

かりしうすさん、お久しぶりです。
そちらのヤナギもかなりやられてますね。
そのうちに天敵が増えてきて、大発生は治まるのではないかと想像しています。

投稿: Ohrwurm | 2008年8月23日 (土) 06時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42126291

この記事へのトラックバック一覧です: 安濃川の河原のヤナギにはグンバイムシがいっぱい:

« 朝早く鳴くセミ その2 | トップページ | 2008年セミヤドリガ幼虫初見 »