« 2008年今年もアオマツムシが賑やかになる | トップページ | 加賀野井秀一著『日本語の復権』 »

2008年8月16日 (土)

同窓会での校歌の斉唱

 8月14日の高校の同窓会の最後は校歌の斉唱で締めた。まあ、どこの学校の同窓会でもあることではないかと思う。
 現役時代(高校時代)、音楽部の部長をしていたので、入学式、始業式、終業式の校歌斉唱の折りには、演壇の上に立って指揮をした。ところが、現役時代の校歌の斉唱は、千人以上の生徒が居たはずなのだが、とても千人の歌声のようには聞こえなかった。
 こういう事情もあったので、今回の校歌斉唱のときにはずうずうしくも演壇に登り、校歌の指揮をさせてもらった。
 今回の同窓会の校歌の斉唱は、せいぜい100人ぐらいの人数だったと思うのだが、100人を超える人が歌っているかのような錯覚をした。現役時代は、まあ、いろいろな事情もあっただろうから、校歌を歌わない人間も相当数にのぼっていたのだろう。30年も経てば、何のわだかまりも無いから、気分良く歌うことができたのだろうと思う。
 とにかく、気持ちよく指揮をすることができた。現役時代にももっと気持ちよく指揮ができたら良かったなぁ、と、ちょっぴり思った。

|

« 2008年今年もアオマツムシが賑やかになる | トップページ | 加賀野井秀一著『日本語の復権』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42184746

この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会での校歌の斉唱:

« 2008年今年もアオマツムシが賑やかになる | トップページ | 加賀野井秀一著『日本語の復権』 »