« 30年ぶりの同窓会に出席 | トップページ | 同窓会での校歌の斉唱 »

2008年8月15日 (金)

2008年今年もアオマツムシが賑やかになる

 夕食後、妻と一緒に近所を散歩した。エンマコオロギ、カンタン、マツムシなどの鳴き声も聞こえてきたが、ひときわ声高く鳴いているのはアオマツムシだ。数日前から鳴いているのに気が付いたが、もう本格的に鳴いている。
 アオマツムシはもともと日本に棲息していなかった種だと言われているが、もう既に、夏の後半から秋にかけての「日本の音」になりきってしまった感じがする。

|

« 30年ぶりの同窓会に出席 | トップページ | 同窓会での校歌の斉唱 »

コメント

家の周囲では今日初めてアオマツムシの鳴き声を聞きました。一方、マツムシの方は1週間ほど前から鳴き始め、もうたくさん鳴いています。アオマツムシは後から出てくるのに、大体九月一杯でいなくなり、マツムシは十月終わりまでいます。これはこの種の特徴なのか、個体数の違いによるのかは分かりません。

投稿: Zikade | 2008年8月15日 (金) 22時33分

確かに鳴き声だけ聞いていると、アオマツムシの方がマツムシよりも期間が短い感じですね。でも、12月に新鮮なアオマツムシの屍体を発見したことがあり、そのときは驚きました。
http://ohrwurm.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_0315.html
こちらでは、鳴き声を聞く限り、アオマツムシの個体数の多さは半端ではないと思います。マツムシも決して少なくはないんですが。

投稿: Ohrwurm | 2008年8月15日 (金) 22時47分

アオマツムシは南方系で、低温に弱いのかもしれません。この辺は十月下旬にもなれば最低気温は1桁ですから、アオマツムシにはキツイのかもしれません。

投稿: Zikade | 2008年8月16日 (土) 12時31分

アオマツムシが低温に弱くて、寒くなると鳴けなくなるというのは、事実かも知れないですね。このあたりでも、10月に入るとアオマツムシの鳴き声が少し静かになると感じられます。

投稿: Ohrwurm | 2008年8月16日 (土) 18時14分

 勤務先の桜でも沢山鳴いております。少し離れた駐車場脇のススキからはマツムシ、背丈の高い草むらからはクツワムシが鳴いてます。私のお気に入りの鳴き声はオキナワマツムシです。
 
 そう言えば中部国際空港でもアオマツムシが鳴いておりました。もの凄い移動力には参ります。

投稿: しろへり | 2008年8月20日 (水) 21時45分

 直翅目の鳴き声が賑やかになってきましたね。ぼくの職場でも暗くなるとクツワムシがたくさん鳴きます。通勤経路の安濃川の曽根橋でもクツワムシが多いですね。
 オキナワマツムシの鳴き声は、それほど何度も聞いたわけではありませんけど、本当に美しい音色ですね。また聞いてみたいです。

投稿: Ohrwurm | 2008年8月20日 (水) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42175911

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年今年もアオマツムシが賑やかになる:

« 30年ぶりの同窓会に出席 | トップページ | 同窓会での校歌の斉唱 »