« 朝日新聞 耕論「どうみるエコブーム」 | トップページ | 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 »

2008年8月31日 (日)

2008年のセミの動向4

 ここ1週間ほど陽が射さない日が続いて、セミの鳴き声も少なくちょっと寂しさを憶えたが、今日は久しぶりに太陽を拝むことができた。するとセミも元気に鳴き出した。
 アブラゼミとツクツクボウシが多いが、クマゼミとニイニイゼミも少ないながら鳴いている。まだこの時刻なのでヒグラシが鳴くのかどうかわからないが、夕方になれば鳴いてくれるのではないかと思う。夕方にはヒグラシが多い場所にいることになならないと思うので、確認はできないと思うのだが。

|

« 朝日新聞 耕論「どうみるエコブーム」 | トップページ | 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 »

コメント

 今朝、久々に宝ヶ池に行ってみました。

 あんなに喧しかったアブラゼミ、クマゼミはほとんどいませんでした。そのかわり、ツクツクボウシが頑張っていました。ミンミンゼミも。

 移り変わりは早いものですね。

投稿: 熊80 | 2008年8月31日 (日) 22時38分

宝ケ池まで行くとミンミンゼミがいますか!
 ミンミンゼミも夏の盛りを過ぎてからピークを迎えるセミですから、まだ鳴いていても不思議ではありませんね。
 去年は自宅でもミンミンゼミの鳴き声が聞こえましたが、今年はこれまでのところ聞こえていません。

投稿: Ohrwurm | 2008年8月31日 (日) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42334117

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年のセミの動向4:

« 朝日新聞 耕論「どうみるエコブーム」 | トップページ | 池田清彦・養老孟司 著『ほんとうの環境問題』 »