« 2008年のセミの動向3 | トップページ | この時期にしてはやけに涼しい »

2008年8月26日 (火)

2008年秋の虫の音その1

 窓を開けていると、外から虫の音が聞こえてくる。この時刻になると、アオマツムシの鳴き声が静まり、マツムシの鳴き声が目立ってくる。子供の頃は街中に住んでいたので、自宅でマツムシの鳴き声を聞くなどということは、夢のまた夢だった。それが今、居ながらにして聴くことができるというのは至上の幸せだと思う。
 オカメコオロギの仲間の鳴き声も聞こえてくるのだが、オカメコオロギの仲間は何種類もいるので、どの種類かはわからない。わからないというのは、何となく落ち着かないものだ。夜に鳴く虫に関しては、まだまだ精進が足りないと思う。

|

« 2008年のセミの動向3 | トップページ | この時期にしてはやけに涼しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42284963

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年秋の虫の音その1:

« 2008年のセミの動向3 | トップページ | この時期にしてはやけに涼しい »