« 加賀野井秀一著『日本語の復権』 | トップページ | 安濃川の水が少なくなっていた »

2008年8月17日 (日)

ヒメジュウジナガカメムシ続報13

20080817blog1
 職場のガガイモのヒメジュウジナガカメムシは、突如として消えたり、また突如として現れたりしていたが、今日見たら、また突如として現れていた。しかも、全部で8頭。
 8頭のうち3頭は、今にも花が咲きそうなガガイモの花芽に集まっていたが、この写真の5頭は自分たちが吸汁して枯らしてしまったガガイモの花芽に集まっていた。このうち2組4頭は交尾していた。
 それにしても、植物が枯れてしまうほど汁を吸い、気に入らなくなると、すぐにどこかに行ってしまうような生活史をもっているように見えて仕方がない。
 今日見つけた8頭のうち、2組4頭は交尾をしていたわけだから、次の世代の出現を期待しても良いのかも知れない。
 いずれにせよ、今後の観察の楽しみができた。

|

« 加賀野井秀一著『日本語の復権』 | トップページ | 安濃川の水が少なくなっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/42193096

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメジュウジナガカメムシ続報13:

« 加賀野井秀一著『日本語の復権』 | トップページ | 安濃川の水が少なくなっていた »