« 堀坂山へ | トップページ | 虫屋のサロン復活! »

2008年5月 6日 (火)

自宅でハルゼミの鳴き声を聞く

 堀坂山から帰って風呂場でシャワーを浴びていたら、家の裏でハルゼミの鳴き声が聞こえた。15時20分ごろのことだ。すぐ裏には申し訳程度であるがアカマツが生えており、昔の記録を見ればこのあたりにもハルゼミの記録があるので、ここで鳴き声が聞こえても不思議な訳ではないのだが、こちらに来てからの4年間には一度も鳴き声を聞いたことが無かった。5年目にしてやっと鳴き声を聞くことができて、このあたりからハルゼミが完全に姿を消してしまったわけではないことがわかった。その後この時刻まで、2度目の鳴き声は聞こえてきていない。個体数が少ないことだけは確かだ。
 これまでに自宅では、ニイニイゼミ、アブラゼミ、クマゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミの鳴き声を聞いていたので、ハルゼミは7種目のセミということになる。

|

« 堀坂山へ | トップページ | 虫屋のサロン復活! »

コメント

可能性としてはあとチッチゼミだけでしょうか。ハルゼミがいるのですから、いるかもしれません。

投稿: Zikade | 2008年5月 8日 (木) 13時12分

Zikadeさん、Ohrwurmです。さすがにチッチゼミは厳しそうですけど、一応期待しようと思います。自宅のすぐ裏ではないんですけど、ミツバツツジなどのツツジがいっぱいある場所もありますし。

投稿: Ohrwurm | 2008年5月 9日 (金) 05時54分

京都下鴨の我が家では、
アブラゼミ、クマゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシが確実です。

あとは、この夏にでも確かめています。
ツクツクボウシの減少が悲しいです。

http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/semi/semi.html

投稿: 熊80 | 2008年5月 9日 (金) 15時48分

熊80さん、ハルゼミは松林のセミです。京都にいたとき、ハルゼミの鳴き声を聞いたかどうか、記憶が定かではありませんが、宝ケ池あたりには松林がありそうなので、ハルゼミがいるかも知れません。
下鴨のセミの中にニイニイゼミがありませんが、いなくなってしまったんでしょうかねぇ。ニイニイゼミはあちこちで減少しているという話を聞きますし。

投稿: Ohrwurm | 2008年5月 9日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/41112547

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅でハルゼミの鳴き声を聞く:

« 堀坂山へ | トップページ | 虫屋のサロン復活! »