« 虫屋のサロン復活! | トップページ | 渓流魚を食べる »

2008年5月 9日 (金)

多量のヒメジュウジナガカメムシ出現

20080509blog1
 職場の同僚から、職場の中のとある場所で赤と黒のカメムシが集団を作っているとの情報を得た。その場所から判断すると、そのカメムシがヒメジュウジナガカメムシではないかと想像した。現場に急ぐと、予想通りヒメジュウジナガカメムシだった。それにしてもすごい数。集団がいくつもあり、総個体数は軽く100を超え、200か300ぐらいいるのではないかと思われた。ちょっと前までは見つからなかったということなので、おそらくこの連休あたりに何処からか集団で移動してきたらしい。伸び始めたばかりのガガイモの蔓から吸汁していたが、蔓の先は萎れて枯れかけている。おそらく、集団でこのカメムシによって吸汁されたのが原因ではないかと思われる。多くの個体が交尾していたので、ここで繁殖が始まるのではないかと一応期待されるのだが、蔓を枯れさせてしまって、また何処かに移動してしまう可能性も高いように思われる。今後の動向に注目したい。
 このカメムシ、三重県では非常に記録が少ないので、一応証拠のために10数個体だけ採集した。

|

« 虫屋のサロン復活! | トップページ | 渓流魚を食べる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/41151631

この記事へのトラックバック一覧です: 多量のヒメジュウジナガカメムシ出現:

« 虫屋のサロン復活! | トップページ | 渓流魚を食べる »