« 温めてもおいしい | トップページ | ファーブルにまなぶ »

2008年5月 2日 (金)

ヒバリの配偶行動の観察

 今日は朝からどんよりと曇っていたが、風もなく穏やかだった。こんな曇天の中でも、ヒバリが空高く囀っていた。ヒバリの囀りを聞くと、いかにも春だという感じがするので、気分が良い。
 今日も畑に出ると、ヒバリが空高く囀っていた。するとあるとき、一羽のヒバリが地面から囀りながら舞い上がり始めたかと思うと、それを追うようにもう一羽のヒバリが舞い上がりはじめ、最初に舞い上がったヒバリを追いかけていった。追い付いたかと思うと間もなく、最初のヒバリが囀るのを止めて地面に降りると、後のヒバリもそれを追うように地面に降りた。地面に降りたあとは、二羽でじゃれついているような感じになり、もうとっちがどっちだかわからなくなった。
 おそらくこれがヒバリの配偶行動の典型なのだろうと思った。しかし、空高く囀っているヒバリはたくさん見られる。これはおそらく、追いかけてくるメスがいないから下に降りられないのだと思うが、あまり高く舞い上がっても、それを追いかけるメスも大変だから、あまり効率が良いことのように思われない。高く舞い上がるには、何か他の理由もあるかも知れないが、よくわからない。
 ネットを調べれば、その答が見つかるかも知れないが、もう少し自分の目で見て考えたいと思う。

|

« 温めてもおいしい | トップページ | ファーブルにまなぶ »

コメント

今年も桑名駅西口の掛け時計の上にツバメの夫婦がやってきました。

 一昨日はまだでしたので、今日か昨日に来たのでしょう。

 巣立ちの日まで、駅員さんがいろいろと世話をすることになります。

 楽しみにしている人も多いようで、改札から出て思わず立ち止まって見ている人が今夜もありました。私(ヤクルトファン)もその一人です。

 もうひとつ別件。マイカル桑名北の、県道と大桑国道のジャンクションにまた猿が出ています。スナック菓子を与える、いかれた若者までいます。

投稿: chunzi | 2008年5月 2日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/41068365

この記事へのトラックバック一覧です: ヒバリの配偶行動の観察:

« 温めてもおいしい | トップページ | ファーブルにまなぶ »