« 10,000km | トップページ | 耐雪性のあるカマキリの卵 »

2008年5月26日 (月)

ヒメジュウジナガカメムシ続報4

 今日もヒメジュウジナガカメムシの様子を見に行った。ところが何か様子が変だ。あたりの草が変なふうに枯れかけている。どうやら除草剤を撒かれたらしい。
 気を取り直してヒメジュウジナガカメムシを探すと、ガガイモの根元に雄が1頭、付近の地面に雌が1頭見つかった。
 よく考えてみると、ヒメジュウジナガカメムシの仲間、すなわちマダラナガカメムシ亜科のカメムシの卵は、これまでに見たことがないような気がする。ひょっとしたら、卵は地面の中に産み込まれるのかも知れない。この雌もこれから卵を産みそうな雰囲気だ。
20080526blog2

|

« 10,000km | トップページ | 耐雪性のあるカマキリの卵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/41327417

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメジュウジナガカメムシ続報4:

« 10,000km | トップページ | 耐雪性のあるカマキリの卵 »