« 田圃に水が入り始める | トップページ | きんてつ鉄道まつり 2008 in 塩浜 »

2008年4月12日 (土)

藤原岳へ

 ぼくの職場をこの春定年退職されたNさんのお誘いで藤原岳に登った。同僚のOさんも一緒だ。前々から登りたいと思っていたのだが、なかなか実現できていなかったので、渡りに船であった。コースは聖宝寺から登り、藤原山荘を経て展望台に行き、帰りは藤原山荘から大貝戸に降りた。
 暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気候だった、と言いたかったが、少々風があり、山頂付近ではちょっと寒かった。山頂付近は滋賀県側からガスがかかることが多かった。
 藤原岳はフクジュソウがたくさんあることで知られているが、8合目から9合目ぐらいにかけて、ちょうど花の盛りで、良い時期に出かけられたと思った。
 今日の文章はこれぐらいで、あとは写真でごまかすことにする。見ることができた花は、ミヤマカタバミ、フクジュソウ、キクザキイチゲ、アマナなど。
20080412blog1

20080412blog2

20080412blog3

20080412blog4

20080412blog5

20080412blog6

20080412blog7

20080412blog8

20080412blog9

|

« 田圃に水が入り始める | トップページ | きんてつ鉄道まつり 2008 in 塩浜 »

コメント

こんにちは。

標高が1120mということで、エゾゼミぐらいはいてもよさそうですね。

投稿: Zikade | 2008年4月12日 (土) 23時50分

Zikadeさん、こんにちは。
 山頂付近はまだ少し雪が残っているぐらいでしたので、夏のセミのことまで頭が回りませんでした。
 このブログの読者には三重県の虫屋さんもいますので、どんなセミがいるか、コメントをつけていただけることを期待しています。
 三重県に引っ越して来てから、これまでに経が峰、錫杖が岳、多度山、朝熊が岳に登りましたが(1年に1峰のペースですね)、藤原岳は一番「いい山」でした。これからは、他の鈴鹿の山にも登ってみたいです。

投稿: Ohrwurm | 2008年4月13日 (日) 07時04分

Zikade様
お久しぶりです。以前、T島でお会いし、展覧会のパネルでお世話になった者です。

藤原岳(藤原一帯)で正式に記録があるのはニイニイ、アブラ、ヒグラシ、ツクツク、ミンミン、ハル、チッチの7種、他にエゾハルが居るようですがまだ正式に記録はされていません。(エゾは多分分布していると思います)
 鈴鹿山系のエゾの記録があるのは御在所岳、野登山だけと思います。エゾの三重県産標本自体がほとんど無いのが現状です。鳴き声が聞けても少数で採集は大変困難です。

投稿: しろへり | 2008年4月13日 (日) 17時06分

しろへりさん、コメントありがとうございました。
 藤原岳の山頂付近は灌木ばかりなので、セミがいるとすれば、もう少し下の樹林帯の方でしょうね。
 まだ芽吹いていなかったので、どんな樹種があるのか、よくわかりませんでしたが。

投稿: Ohrwurm | 2008年4月13日 (日) 20時27分

 先の自分のコメント一部訂正します。
エゾハルは御池岳でした。
 

投稿: しろへり | 2008年4月13日 (日) 20時42分

しろへりさん

お久しぶりです。ハルゼミ、チッチゼミということはアカマツ林もあるわけですね。たぶんミツバツツジも咲くのでしょうね。

投稿: Zikade | 2008年4月13日 (日) 22時33分

しろへりさん
 御池岳も面白そうなので、登ってみないといけないと思っています。

Zikadeさん
 チッチゼミは、やはりツツジの仲間がポイントでしょうか?

投稿: Ohrwurm | 2008年4月14日 (月) 21時17分

>チッチゼミは、やはりツツジの仲間がポイントでしょうか?

ツツジ類は必須です。ただし、ツツジでイメージするツツジではなくても可。ネジキでOKですし、アセビに産卵することもあります。

投稿: Zikade | 2008年4月14日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/40858744

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原岳へ:

« 田圃に水が入り始める | トップページ | きんてつ鉄道まつり 2008 in 塩浜 »