« 紳士録からのお誘い | トップページ | モンキチョウが飛ぶのを見る »

2008年3月15日 (土)

T先生の最終講義と退職祝賀会

 T先生の最終講義と退職祝賀会のために京都に出かけた。交通費節減のため、行きも帰りも草津線経由 だ。
 お昼ちょっと前に京都駅に着いて、すぐに近くの有名ラーメン店に出かけた。どういう理由か知らないが、隣同士に2軒のラーメン店があり、その両方ともが有名だ。
 店の前に着いたのが、ほとんど正午頃。目指す店の方には既に十数人の行列が店の前に出ていた。隣の店は、外で待つ人はいなかったものの、店内は満席のように見えた。待つこと十数分。その間、隣の店にもときどき行列ができた。
 隣の店のラーメンは汁の色が濃いという特徴があるが、目指した店のラーメンは特徴と呼べるようなものは無い。醤油味で、チャーシューが3枚、少々のメンマ、少々のもやしとやや多めのネギが乗っているだけだ。この店で食べるのは2回目だが、前食べた時の印象はあまり残っていない。今回食べてみて、やはり美味しいラーメンだということがわかった。また機会があれば行ってみたい。
20080315blog1
 店を出たのは12時半頃だったが、まだ店の外には十数人が列を作っていた。バスに乗ろうと塩小路高倉のバス停まで行くと、ちょうど目指す17系統のバスが来たので乗り込んだ。バスでは座れないのではないかと思ったのだが、かなり空席があったのは意外だった。河原町通りを通るこのバスは、渋滞で時間がかかるかと思っていたが、それも大したことはなく、1時頃には京大農学部前に着いた。
20080315blog2
 着く直前に見えた百万遍智恩寺にはたいそうな人だかりがあったので、ちょっと気になって行ってみた。どうやら、何かの法要の日に合わせてフリーマーケットが開催されているようだった。人ごみのなか、いろいろ物色したが、それほど興味を惹かれるものは無かった。
20080315blog3
 定刻の少し前に会場に着くと、既にかなりの人が集まっていた。顔見知りの数名と雑談。
 T先生の最終講義は、T先生の研究遍歴の紹介だった。T先生は学生時代の研究室の助教授だったし、学位論文の副査もしていただいたのだが、T先生の研究の全貌を把握していたわけではなかったので、この講義を聴いて、やっと初めてT先生が考えておられたことがわかったような気がした。ようするに、これまでT先生の研究について、ゆっくりと話を聞くことがなかったということだ。
 この講義の様子もカメラに収めようと思ったのだが、何とカメラのトラブル。カメラがいうことをきかなくなってしまった。このカメラで初めて写真を撮ったのが2002年11月29日だから5年数か月ということになる。おかしくなっても仕方がない。コンパクトでポケットにも入れられる大きさなのだが、200万画素という時代遅れのものなので、修理は諦めて新しいのを買わないといけないかも知れない。
 夕方は市内のホテルでパーティー。80人ほどが集まったとのことのようだ。ここでもT先生のことがいろいろ紹介される。
 パーティーは7時までということになっていたが、7時14分の地下鉄に乗らないと予定の列車で帰れないので、ちょっと早目に失礼した。
 帰りは山科駅から草津線に直通の列車に乗った。草津線に使われている列車には古いの新しいの色々あるが、行きは113系7700番台という比較的新しいものだったが、帰りのこの列車は、オリジナルの113系だった。座席の質が悪いだけでなく、車体のバネも悪いようで、乗り心地はあまりよくない。
 柘植での乗り換えはそれほど待たされることは無かったが、亀山では30分以上の待ち合わせ。津に帰り着いたのは午後10時14分。疲れが溜まらないギリギリの時間という感じだ。

|

« 紳士録からのお誘い | トップページ | モンキチョウが飛ぶのを見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/40517568

この記事へのトラックバック一覧です: T先生の最終講義と退職祝賀会:

« 紳士録からのお誘い | トップページ | モンキチョウが飛ぶのを見る »