« T先生の最終講義と退職祝賀会 | トップページ | 散歩に出かけ、カワセミやモンシロチョウに会う »

2008年3月16日 (日)

モンキチョウが飛ぶのを見る

 飼育している虫の様子を見たり、畑の様子を見たりするために職場に出かけた。晴れていて風もあまりないので、そろそろモンシロチョウでも飛ばないかと思ったのだが、まだ見られなかった。ヒサカキも匂い始めたので、そろそろだろう。
20080316blog6
 職場からの帰り道、伊勢自動車道の津インターチェンジの近くを走っているとき、畑の上を蝶が飛ぶのが見えた。よく見るとモンキチョウだった。
 去年、遅くまで見られたのもモンキチョウだったので、やはり昔の人がモンキチョウが成虫で越冬すると勘違いしたのも仕方がないと思わされる。
 それにしても、モンキチョウの生活史の制御はどうなっているのだろう。と思いながらも、論文を検索してみようと思ったことはない。モンキチョウの属するColias属は、全北区に分布していて、アジアではそのなかでモンキチョウだけが南の方まで分布を拡げている。石垣島で見ていた印象では、休眠があるようには思えなかった。ひょっとしたら、本州のモンキチョウにも休眠反応はなく、冬は低温のために発育が抑制されているだけと考えても不自然ではないように思える。実際のところはどうなっているのだろうか?

|

« T先生の最終講義と退職祝賀会 | トップページ | 散歩に出かけ、カワセミやモンシロチョウに会う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/40517626

この記事へのトラックバック一覧です: モンキチョウが飛ぶのを見る:

« T先生の最終講義と退職祝賀会 | トップページ | 散歩に出かけ、カワセミやモンシロチョウに会う »