« またまた大雪 | トップページ | ヒバリが天高くさえずる »

2008年2月21日 (木)

キチョウのお目覚め

 昨日あたりから寒さが緩み、今日の日中は多少の暖かさが感じられるようになった。かすかな期待を抱きながら職場の庭に出てみると、何とキチョウが出迎えてくれた。しばらく日だまりを飛んでいたが、やがてマテバシイの根元に止まった。
 キチョウは成虫で越冬するので、暖かい日が来れば真冬でも飛び出してくるのかも知れないが、とにかく春が近づいてきたことに違いはない。
 去年の明日にはモンシロチョウが飛ぶのを見たが、去年はそれが期待されるほど暖かかったのも確かだった。今年は寒い日が続いていたので、まだ当分の間はモンシロチョウが飛ぶのを見ることはないだろう。
 それはともかく、虫が活動を始めたのが感じられることは嬉しいことだ。
20080221blog1_2

|

« またまた大雪 | トップページ | ヒバリが天高くさえずる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/40210561

この記事へのトラックバック一覧です: キチョウのお目覚め:

« またまた大雪 | トップページ | ヒバリが天高くさえずる »