« キチョウのお目覚め | トップページ | またまた雪が積もった »

2008年2月22日 (金)

ヒバリが天高くさえずる

 今日も昨日と同様に暖かくなった。昨日より気温が高かったかも知れない。風もほとんど無かったので、かなり暖かく感じられた。
 定例の調査のために外に出ると、さっそくキタテハが出迎えてくれた。キタテハが飛ぶのを見るのは、今年はこれが初めてだ。
20080222blog2
 キャベツ畑に行くと、さすがにモンシロチョウはまだ見ることができないが、ヒバリがさえずるのが聞こえた。するとそのうちの一羽が空高く舞い上がった。ヒバリが天高くさえずるのを聞くと、春本番が来たように思える。“Wie lieblicher Klang, o Lerche, dein Sang! ・・・・”
20080222blog1
 しかし、天気予報によれば、明日からはまた気温が下がり、冬に逆戻りするとのことだ。まだ2月だから、まあ仕方がない。
 今日は念のため、マスクをして外に出たのだが、部屋に戻った途端にくしゃみと鼻水が出てきた。職場はスギやヒノキが多量に植林されている山に近いので、たくさんの花粉が飛んでいたのだろう。それとも風邪なのだろうか?

|

« キチョウのお目覚め | トップページ | またまた雪が積もった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/40222656

この記事へのトラックバック一覧です: ヒバリが天高くさえずる:

« キチョウのお目覚め | トップページ | またまた雪が積もった »