« 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 | トップページ | ついに雪が積もった »

2008年1月21日 (月)

近くの山には雪が降ったらしい

 昨日の夜から雪が降るという予報だったが。朝起きたときには庭の物干竿に雫がついていただけで、雨も雪も降っていなかったので、雨が降ったのか雪が降ったのかはわからなかった。
 朝出勤のとき、まず最初に見えた経が峰は、かなり下の方まで白くなっていたが、途中から下は白くなっていなかった。次に見えたもっと近くになる長谷山も、山頂からちょっと下の部分まで白くなっていた。ということは、標高が200m程度を境にして、その上は雪だったようだ。
 昨日から体調があまり良くなかったので、車で出勤しようかとも思ったが、考え直していつものようにバイクで出勤したのだが、想像したほど厳しい寒さには感じられなかった。当初予想されたほど、寒気が強くなかったのかも知れない。

|

« 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 | トップページ | ついに雪が積もった »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近くの山には雪が降ったらしい:

« 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 | トップページ | ついに雪が積もった »