« フランス訛りのフォーレ | トップページ | 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 »

2008年1月11日 (金)

「子供の科学」に写真が載った

 「子供の科学」という昔から続いている子供向きの科学雑誌がある。石垣島に住んでいた頃、息子たちのために、1年ぐらい購読していたこともある。
 去年の年末に、ぼくのウェブサイト"Natura Yayeyamana"を見た編集者の方から連絡があり、「ヒメシュモクバエの写真を使わせて欲しい」とのこと。写真を使ってもらえることは、やはり嬉しいことなので、躊躇無く使ってもらうことにした。そして、その掲載誌が今日届いた。
 2008年2月号。特集「ヘンな姿の謎を解け!フシギ生物大集合」となっている。この世の中には変な形の動物はたくさんいる。ヒメシュモクバエももちろん奇妙な形の昆虫だ。異様に左右に飛び出している複眼は、何のためにそうなっているのかよくわからない。
 ところが、13ページに掲載されているぼくが撮ったヒメシュモクバエのキャプションを読んで、ちょっとがっかりした。これを読むとボルネオかアフリカで撮った写真のように思われてしまう。撮った場所は、もちろん石垣島。日本にもこんな変な虫がいるんだぞ、ということを書いて欲しかったなぁ。

|

« フランス訛りのフォーレ | トップページ | 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 »

コメント

「ヒメシュモクバエ」のリンクが切れていますね。

「子供の科学」なつかしいです。
もう30歳を超えているうちのこどもら2名が小さい頃は福音館の月刊誌を定期購読していましたが、私が小さいときは「子供の科学」でした。まだあるとは知りませんでした。

東京京橋のINAXギャラリーで「工作の時代」という展示会が開催中で、テーマは「「子供の科学」で大人になった」というもの。とりあえずカタログのような出版物(「INAX出版」)を入手しましたが、時間を作って見に行きたいもの・・・と。

投稿: こけた | 2008年1月12日 (土) 10時35分

虫の名前を調べててこのブログに辿り着きました。
私は今、石垣島に住んでます。
ベランダに見たこともない虫が飛んできて、せめて何の種類か知りたくてネットでさがしたんですが、似た昆虫も探せません。

虫のことは全く知らないので、似ていてもきずかないのかも・・・。
全身赤い色をしていて、頭の形がいびつ、でっかい牙みたいなアゴしてます。

とにかく、写真を撮ったので、よければメールください。
写真送ります。

投稿: 平田 | 2008年3月28日 (金) 14時13分

平田さん、コメントありがとうございます。
 平田姓は八重山にはもともとありますが、八重山の方でしょうか?ヤマトの方でしょうか?元の職場にももともと八重山の平田さんがいました。
 お尋ねの虫は、おそらくヒラズゲンセイではないかと思うのですが、一度「ヒラズゲンセイ」で検索してみてください。そうでなければ、メールに写真を添付してお送りください。
 プロフィールのページの「メールを送信」をクリックしていただけると、メールソフトが起動するはずです。
 ヒラズゲンセイは石垣島に分布しているのですが、普通に見つかる虫ではなく、ぼくは一度も見たことがありません。

投稿: Ohrwurm | 2008年3月29日 (土) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/17658677

この記事へのトラックバック一覧です: 「子供の科学」に写真が載った:

« フランス訛りのフォーレ | トップページ | 高橋敬一・連載「カメムシの目で人間を見る」人間の持つ認識能力の限界 2 »