« 2008年の書き初め | トップページ | 2008年初詣 »

2008年1月 3日 (木)

2008年初フィールド

 昼過ぎまでテレビで「のだめカンタービレ」をずっと観ていたが、いい天気なのでいつものフィールドに出かけた。長男は青春18切符を使って始発列車で旅立ってしまったので不在だったが、それ以外の全員が参加した。
 年末に行ったばかりで、そのときにはクヌギカメムシの成虫がまだ見られたが、今日は卵塊が見られただけだった。それにしても、この冬はクヌギカメムシの卵が少ない。そのかわりに、丸々と太ったジョロウグモを見つけた。まだこれから産卵するのだろうか。
20080103blog1
 フユイチゴはまだたくさんあり、子供たちは実を摘み取るのに一所懸命だった。その甲斐あって、わずかな量ではあったがジャムを作ることができた。
 湿地は枯れ野原になっていたが、陽当たりが良く、気持ちが良かった。
20080103blog2
 林の中のイチヤクソウはどうなっているかと思ったが、少ないながら葉を出しているのが見られた。もっとたくさんあったはずなので、落ち葉の下にでも埋もれているのかも知れない。
20080103blog3
 竹林の中も、日が当たっていて、適度な湿気が感じられ、気持ちが良かった。
20080103blog4
 さすがに虫はほとんど見られないが、冬のフィールドを歩くのも、それなりに楽しいものだ。それにしても、フユシャクの仲間が見られないのは、ちょっと期待はずれだ。1年前にはちゃんと見られたのだが。

|

« 2008年の書き初め | トップページ | 2008年初詣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/17596049

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年初フィールド:

« 2008年の書き初め | トップページ | 2008年初詣 »