« サルにご用心・・・近所の墓地にて | トップページ | 朝日新聞be「積雪の量 カマキリがズバリ」 »

2007年12月15日 (土)

伐られた林を近くで見た

 自宅裏の斜面の向こうにある墓地に行ったら、林の木がすべて伐られているわけではないことがわかった。よく見てみると、斜面の頂点近くに測量用の標石がいくつもあり、それの斜面側の木が伐られていることがわかった。クワガタ採りや栗拾いのときにも、標石があるのは目についていたが、それをそれとして意識したことはなかった。ところがこうやって伐られてしまった林を見ると、この標石には大きな意味があったことを感じさせられないわけにはいかなかった。
20071215blog2_2
 土地に対して権利を持たない自分には何もできないと諦め、この場所を離れ、今度は栗拾いをした場所を下から眺めてみた。落ち葉に半分隠れたような栗を拾いながら歩いた斜面は、地肌を見せて哀れなものだった。
20071215blog3

|

« サルにご用心・・・近所の墓地にて | トップページ | 朝日新聞be「積雪の量 カマキリがズバリ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/17372401

この記事へのトラックバック一覧です: 伐られた林を近くで見た:

« サルにご用心・・・近所の墓地にて | トップページ | 朝日新聞be「積雪の量 カマキリがズバリ」 »