« 第11回田舎の落語会 | トップページ | 交通事故で死んだと思われるキツネ »

2007年11月19日 (月)

鈴鹿の山々が白くなった

 今朝は寒くて寝床から出るのが辛かった。かなり気温が下がったらしい。幸い天気は良いので、職場に向かうとき、バイクで走っていても、陽射しで暖かく感じられる。ところが、職場への中間ぐらいにさしかかったところ、右手前方遥か向こうに見える鈴鹿の山々が真っ白になっていたので驚いた。今年の初冠雪だ。
 職場の窓からも鈴鹿の山々を見る事ができるのだが、昼過ぎに見たときには、もう白くはなくなっていた。さすがにまだそれほど気温が低いというわけではないのだろう。
 今日の帰宅はちょっと遅くなってしまったが、職場でバイクに乗ろうとすると、露が降りていた。昼間はそれなりに暖かかったが、また気温が下がったようだ。バイクで走っていても、顔が冷たいし、オーバーズボンの上からも寒さが伝わってくる。空も奇麗で星がよく見える。明日の朝もまた気温が下がるのだろう。
 冬が近づいてきた。

|

« 第11回田舎の落語会 | トップページ | 交通事故で死んだと思われるキツネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/17121821

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿の山々が白くなった:

« 第11回田舎の落語会 | トップページ | 交通事故で死んだと思われるキツネ »