« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

三重昆虫談話会2007年例会

 四日市市にある三重県環境学習情報センターで開催された三重昆虫談話会の例会に出かけた。この会場になった場所は、公共交通機関を使ってはほとんど行けないような不便な場所にある。このような公共の場所をとんでもなく不便な場所に作った三重県の良識が疑われる。と言うわけで、Iさんの車に便乗させて連れて行っていただいた。Iさんの車は8人乗りだが、定員一杯で少々窮屈だった。
 会長の挨拶と会務報告が行われたあとは講演。
講演その1. 稲垣政志さんによる「最近新種記載された食糞コガネムシについて」:稲垣さんが新種記載にかかわったコガネムシ数種について解説された。鈴鹿川の河川敷で発見された種(メモをとっていなかったので名前は失念)については、マスコミにも取り上げられ、いろいろと取材を受けたことは話に聞いていたが、その顛末についても話していただいた。コガネムシ類にもまだまだ身近に新種が発見されるとは、これからも楽しみだ。
講演その2. 河本実さんによる「三重県北部のムラサキツバメ」:三重県北勢地方の最近2年間のムラサキツバメの発生の動向について報告された。去年は比較的あちこちで発見できたが、今年は去年発見できた場所でも発見できなかった場所が多かったとのこと。市町村単位では朝日町ではまだ発見されていないとのこと。去年は多く見られたのに今年は少ないという傾向は、隣の愛知県名古屋市周辺と同様の傾向であるようだ。もっとも、今年は多くの昆虫の発生が少なかったので、ムラサキツバメに特有の問題ではなく、もっと大きな要因があったのではないかと思う。それが何かがよくわからないのだが。
講演その3. 秋田勝己さんと乙部宏さんによる「虫屋が実践する昆虫の保全」:三重昆虫談話会のメンバーとしては秋田さんと乙部さんが深く関わって、津市の海岸と志摩半島にある海の近くの池における、外来生物や環境破壊による稀少種の減少に対して、それをくい止めるために行われた実践活動のついて報告された。一度環境が破壊されてしまったり、外来生物が侵入してしまったりすると、なかなかそれをくい止めるとこが難しいことが感じさせられた。秋田さんや乙部さんのように、労力のかかる活動を実践することはなかなか困難なことだと思う。
講演その4. 河野勝行さん(って自分のことなんだが・・・)による「コブハサミムシの幼虫はなぜ母親を食べるのか?」:孵化したばかりのコブハサミムシの幼虫がそれまで自分たちを保護していた母親を食べる行動が進化した背景について解説された。内容については、かつてこのブログに書いたことと同じだ。

Photo

 講演4題は、それぞれ昆虫を扱ったものだが、方向性は全く異なっており、いろいろ刺激になったのではないかと思う。桂雀松師匠の独演会へ行くのを諦めてこの会に出席した価値はあったと思う。
 夜は所要のため懇親会は失礼させていただき、近鉄湯の山線の大羽根園駅まで送っていただいた。ここまで来たのなら、四日市の「ベトコン亭」に寄らない手はないので、まずは近鉄四日市まで出て、国道1号線沿いの「ベトコン亭」まででかけた。ここに来るのは2回目だ。今回も前回と同じ「国士無双」を注文した。前回はスープが辛すぎて最後まで飲み干せなかったが、今回は刻まれた鷹の爪3かけを除いて、すべて食べて、スープも飲み干した。辛かったが美味しかった。スープを全部飲み干すことができたということは、ぼくにとってそのラーメンが美味しかったということになる。また、機会があれば食べに行きたい。
 駅からベトコン亭に向かう途中のアーケードには出店がいっぱい出ていた、何かイベントがあったのだろう。それには脇目もふらず駅に戻り、急行電車に乗った。四日市から津までは大した距離ではないのだが、途中の伊勢若松の駅で後から来た特急に追い抜かれた。やはり悔しいが、たかだかこの程度の距離に500円の特急料金を払う気にもならない。
 7時半には家に帰り、風呂に入り、その後に備えることにした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

交通事故で死んだと思われるキツネ

 今朝、出勤の途中、安濃川の橋を渡ってしばらく行った所の道路の真ん中に動物が横たわっているのが見えた。遠くから見たらイヌかネコのようにも見えたが、近くを通ったときによく見てみたら、長い太い尾をもっていたのでキツネに疑いはなかった。
 この夏には職場のすぐ前でアナグマの屍体を見たが、普段目にすることはなくても、いろいろな野生動物が人の目につかないように暮らしているようだ。
 アナグマもキツネも、まだ動いているのは、この辺りでは見たことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

鈴鹿の山々が白くなった

 今朝は寒くて寝床から出るのが辛かった。かなり気温が下がったらしい。幸い天気は良いので、職場に向かうとき、バイクで走っていても、陽射しで暖かく感じられる。ところが、職場への中間ぐらいにさしかかったところ、右手前方遥か向こうに見える鈴鹿の山々が真っ白になっていたので驚いた。今年の初冠雪だ。
 職場の窓からも鈴鹿の山々を見る事ができるのだが、昼過ぎに見たときには、もう白くはなくなっていた。さすがにまだそれほど気温が低いというわけではないのだろう。
 今日の帰宅はちょっと遅くなってしまったが、職場でバイクに乗ろうとすると、露が降りていた。昼間はそれなりに暖かかったが、また気温が下がったようだ。バイクで走っていても、顔が冷たいし、オーバーズボンの上からも寒さが伝わってくる。空も奇麗で星がよく見える。明日の朝もまた気温が下がるのだろう。
 冬が近づいてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

第11回田舎の落語会

20071117blog1
20071117blog2
 今年も去年に続き、三雲の「田舎の落語会」に行ってきた。もう10年以上続いている桂米二師匠の落語会だ。ぼくにとっては3回目。これまではお弟子さんの桂二乗さんが来ていたが、今年は二乗さんはおらず、そのかわり若手として米朝一門から桂佐ん吉さんと桂紅雀さんが来た。桂紅雀さんは初めて実物にお目にかかるし、佐ん吉さんは6月の桂雀松師匠の会でお顔だけは拝見したが、噺を聴かせていただくのは初めてだ。妻は用があって不在で、長男は部活で学校に出かけたので、下の二人の息子を連れて行った。三男はもともと落語は好きらしく、誘ったらすぐに「行く」と行ってくれたが、次男はそれほど好きではなく、なかなか「行く」と行ってくれなかった。しかし、「ちりとてちん」を見るのを楽しみにしているので、嫌いなわけではないと思う。それでも何とか一緒に来てくれた。

 桂 佐ん吉 「道具屋」
 桂 紅雀  「花色木綿」
 桂 米二  「ろくろ首」
  仲入
 桂 米二  「寝床」

 佐ん吉さんはあの故吉朝師匠のお弟子さんだから、落ち着いた芸風だというのは納得できるが、あの故枝雀師匠のお弟子さんである紅雀さんは、師匠とは違ってなかなか落ち着いた芸だと思った。お二人とも、将来が楽しみな噺家さんだと思う。
 米二師匠は本格派だし、もうベテランなので、安心して聴いていられる。この落語会は事前に演目の発表が無いので、どんな噺を聴かせてもらえるのか楽しみだった。二つの噺とも満足できたが、「寝床」で「杢兵衛」と言うべきところを「久七」と言い間違えたところがあったような気がしたのは気のせいだったか?
 会が終わった後、会の運営をされている方が声を掛けてくださった。何で声を掛けられたのかわからなかったが、二人も子供を連れていたからかも知れない。「どこからおいでになったなですか?松阪ですか?」、と訊かれたので「津から来ました」と言うと、「どこでこの会をお知りになったんですか?」とさらに訊かれてしまった。「こちらに来てから毎年楽しみにしています。」と答え、こちらも疑問があったので「こんな木戸銭が安くて大丈夫ですか?」と訊いてしまった。「大丈夫です。でも、松阪市になってしまったので、会場が使いづらくなって、ちょっと心配です。」と言われた。平成の大合併で、その前の三雲町の時代から続いているこの会が、存続しづらくなっているらしいと感じられた。近くで本格的な上方落語を聴ける貴重な機会なので、今後も続いて欲しいものだと思った。今日の入場者数はおそらく250名ほど。文字通りの田舎の会としては、大入りだったと思う。
 会場から外に出たら、米二師匠が控え室に向かわれるところに出くわした。「いつもブログを読ませていただいてます」と一言だけ挨拶した。今日の会のことも米二師匠のブログに書かれると思うので、それも楽しみにしている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

狸の溜め糞か?

 毎週少なくとも3回調査をしている研究所の庭に動物の糞が多量に落ちているのに気が付いた。いつからあったのかわからない。今まで気が付かなかったのだから、最近になって糞がされるようになった可能性が高いと思う。このように一か所に糞をする性質を持つ動物と言えばタヌキが思い当たる。糞の中にはカキの種らしいものもたくさん入っていた。近くにカキの木があるのは確認しているので、そのカキを食べたのかも知れない。もしタヌキだとすれば、まだ同じ場所に糞をするはずだから、そのうちに糞の製造者を確認することもできるかも知れない。
20071116blog1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ゾロ目

 今朝出勤のとき、一昨年の9月から乗り始めたスーパーカブのトリップメータに7が5つ並んだ。ただそれだけの事だが、ちょっと気になって写真を撮った。
20071114blog1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

第148回日本昆虫学会・第85回日本応用動物昆虫学会東海支部会合同講演会

20071110blog1
 静岡大学で開催された第148回日本昆虫学会・第85回日本応用動物昆虫学会東海支部会合同講演会に出かけた。去年のこの会は三重大学で開催され、自分も講演したのだが、今回は聴く側に回るので、気分は大変楽だ。
 今回の講演は招待講演が3題。

  • 平井剛夫(元生物研)悪者になった南の島のコガネムシ:サトウキビの害虫ケブカアカチャコガネ
  • 河野義明(元つくば大)アセチルコリンエステラーゼ分子構造の変異と殺虫剤感受性
  • 黒田啓行(遠洋水研)サイカチマメゾウムシの越冬戦略の進化と個体群動態

 平井さんの研究は、ぼくも僅かながらお手伝いをしていたのだが、全体像についてゆっくりお話を聴く機会が無かったので、興味深く聴く事ができた。宮古島で害虫化したケブカアカチャコガネと八重山諸島の山の中でおとなしく暮らしているケブカアカチャコガネの関係は、進行中の種分化を見ているようで興味深い。
 河野さんのお話は分子構造と薬剤感受性の関係を解説したものだったが、普段あまり接することのない分野なのでフォローするのがしんどかった。でも、面白く感じられた。
 黒田さんのは、寄主植物のフェノロジーと気候の違いによる生活史の違いをモデルをあてはめて調べたもので、なかなか面白かった。
 懇親会のあと、演者の平井さんと河野さんに連れられて、ちょっと上品な居酒屋に行き、昔の話をいろいろ聞かせていただいた。
 講演はもちろん良い刺激になったが、夜の部でも大きな収穫があった。静岡まで出かけた甲斐があったというものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »