« 岸由二著『自然へのまなざし』 | トップページ | 第148回日本昆虫学会・第85回日本応用動物昆虫学会東海支部会合同講演会 »

2007年10月30日 (火)

我が家に侵入するオオホシカメムシ

 我が家の裏の坂の上にある土地は永らくほったらかしにされて草ぼうぼうになっていた。ところが、最近買い手がついたらしく、数日前に施工業者が挨拶にきた。坂道の脇にもアカメガシワやクサギなどが生えて、手軽に昆虫を観察することができた場所だ。アカメガシワに実ができると、毎年オオホシカメムシ Physopelta gutta (Burmeister, 1834) が発生するので、それを楽しみにしていた。工事が始まると、アカメガシワやクサギも刈り取られてしまうだろうからと思って、先日写真を撮ろうと試みたのだが、あいにく1頭も見つからなかった。
 昨日あたりから草や木が刈り取られはじめたのだが、我が家の中にオオホシカメムシが出現するようになった。おそらく、住処を追われたオオホシカメムシが慌てふためいているうちに、我が家に侵入してきてしまったのだろう。
 地面に落下した種子を餌にしているフタモンホシカメムシ Pyrrhocoris sibiricus Kuschakewitsch, 1866 もそのあたりにいるのだが、そちらの動向も気になる。
20071030blog1

|

« 岸由二著『自然へのまなざし』 | トップページ | 第148回日本昆虫学会・第85回日本応用動物昆虫学会東海支部会合同講演会 »

コメント

 プロフィールに発言が引用された友人(女性)です。

 まずはドラゴンズ日本一おめでとうございます。

 

投稿: chunzi | 2007年11月 1日 (木) 23時18分

chunziさん、コメントありがとさんです。いつコメントをつけてもらえやろかと、首を長くして待ってました。ろくろ首やないですけど。中日がリーグ優勝できなかったのに日本一になってしまったのは、やや複雑な気分ですけど、やはり嬉しいです。あ、この記事に全然関係ないことですなぁ。ま、それも良いでしょう。

投稿: Ohrwurm | 2007年11月 5日 (月) 22時52分

殿方に首を長くしていただくことなど、もうないかと思っていました。光栄に存じます。
 
 絵に描いたような文系人間で、このブログのお話にはなかなかついていけず、こんなコメントしかできませんでした。

 ところでこの坂道の写真はどこですか。大谷町の、県文へ曲がる手前の当たりではなく、観音寺の中ですか。

 つぅは子育てをした街で、懐かしく思います。

投稿: chunzi | 2007年11月 7日 (水) 09時01分

chunziさん、お返事遅くなりました。いろいろ忙しかったり、風邪を引いたりしておりました。
 ぼくがここで書いていることの半分以上は普段の生活の中で見て感じたことですから、文系も理系も関係ないと思います。自然(=人間が意識して作ったものではないもの)をそのまま見ているだけですから。
 この坂道は我が家のすぐ裏です。前にサルが出た竹薮のすぐ横です。この写真では刈り取られた灌木や雑草が道の脇に残っていますけど、今では掃除されてしまって殺風景になりました。今まではほったらかしで身近に生き物を観察できたのですが、これからは頻繁に雑草が刈り取られ、つまらなくなりそうです。マツムシなんかもよく鳴いていたんですけど、来年はどうなるかわかりません。

投稿: Ohrwurm | 2007年11月10日 (土) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/16923903

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家に侵入するオオホシカメムシ:

« 岸由二著『自然へのまなざし』 | トップページ | 第148回日本昆虫学会・第85回日本応用動物昆虫学会東海支部会合同講演会 »