« ニイニイゼミとアブラゼミが異様に多い気がする | トップページ | 石垣島紀行・・・出かける前の準備その2 »

2007年8月12日 (日)

世間並みに帰省

 昨日から1泊で尾張一宮の実家に家族揃って帰省した。帰省と言っても日帰りできる距離なので、それほどの大仕事ではない。
 行きは国道23号線の木曽川大橋が工事中ということなので、それを避けようと、桑名で23号線から258号線に入り、桑名東インターチェンジから蟹江インターチェンジまで東名阪自動車道を利用した。料金は450円。その後の西尾張中央道も大した渋滞もなく、2時間ちょっとで着いてしまった。腰痛があるので、昼食前に幼なじみの整体師の所へ。整体は大繁盛。腰痛持ちの人はたくさんいるようだ。
 午後から夜にかけて、名古屋へ。大須の電気街を冷やかし、電子部品を少々購入。腹具合がいまひとつで、夕食は軽くあっさりした中華そばを一杯のみ。その後、名古屋昆虫同好会の例会へ。セミの話題等を少々提供。その後、臨時の幹事会。幹事会を途中で抜け出し、一緒に抜け出したナリタさんに金山駅まで送ってもらう。金山からの電車は遅い時間帯にもかかわらず意外に混雑。名古屋で入れ替わりがあったが、結局座れず。お盆休みの土曜日の夜ということで、人出が多かったのかも。
 今日は墓参りに行ったが、さすがにお盆直前の日曜日ということもあり、混雑していた。墓地の中の狭い道には駐車している車がたくさんあり、すれ違いも大変だった。
 帰りの道の選択には迷ったが、155号線から立田大橋を通って多度の258号線に抜けようかと思った。しかし、立田大橋までの道が渋滞。途中の道の駅で小休止し、気分転換。258号線まで出ると、車はやや多いものの、それほどの渋滞はなかった。途中四日市の1号線沿いで昼食をとったが、桑名から鈴鹿までの1号線はやや渋滞。鈴鹿で23号線に入ると、あとは順調。
 津市内に入ったあたりでセルフサービスの給油所に入ったところ、何と出てきたのは空気だけ。メーターは回りっぱなしで料金が積算されていく。店の人を呼んだところ、レギュラーガソリンが欠品であることが判明。ハイオクガソリンをレギュラーガソリンの料金で入れてもらうことに。でも、ハイオクガソリンを入れようと考えたことは一度も無いので、全く得をしたという気分にはならない。どちらかと言えば、時間を損した気分。
 家に戻り、シャワーを浴びて、石垣島旅行以来伸び放題になっていたあご髭を剃って、気分も一段落。途中で車が振られることがあったので、風が強いのだろうと思っていたが、実際にそうだった。家の窓を開け放すと風が通って気持ちが良い。海からの風で、気温もそれほど高くない。

|

« ニイニイゼミとアブラゼミが異様に多い気がする | トップページ | 石垣島紀行・・・出かける前の準備その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ニイニイゼミとアブラゼミが異様に多い気がする | トップページ | 石垣島紀行・・・出かける前の準備その2 »