« クソ暑さの中にも秋の便り・・・アオマツムシとマツムシ | トップページ | 自宅でミンミンゼミの鳴き声が聞こえた »

2007年8月19日 (日)

世界一のセミ展・・・大阪市立自然史博物館へ

 昨日から三男と一緒に大阪に出かけた。大阪市立自然史博物館で開催されている『世界一のセミ展』と、その特別展のイベントの一つである特別記念講演会『世界のセミ、日本のセミ』に参加することと、これにあわせて前日に開催された日本セミの会の談話会に参加するためだ。
 『世界一のセミ展』はセミという一つの「科」の虫だけをテーマとした展示だが、それだけで展示ができるということにも驚いた。もちろん、日本のセミなり大阪のセミなりがテーマの中心になっているが、世界のセミが対象となっており、『世界一』という文字に偽りは無いと思った。日本やアジアのセミの鳴き声ばかりでなく、北アメリカの17年ゼミの鳴き声も聞ける。この特別展は9月2日まで。
 日本セミの会の談話会は年に2回開催されているが、このとことずっと関東で開催されており、大阪では13年ぶりとのこと。この会には1998年頃に入会したが、談話会に参加したのは初めてだ。日本セミの会以外の繋がりで知っている人が何人もいたが、会報で名前を知っているだけの人もあり、良い機会になった。息子と一緒に懇親会まで参加。
 天王寺駅に近い旅館に泊まったが、こんな駅の近くに、こんな古い家並が残っており、こんなに静かな場所もあるものか、と驚いた。夜には気が付かなかったが、朝食時に一緒になって、外国人も泊まっていたことがわかった。イタリアから来たというカップルだったが、男性の方は日本語ばかりでなく、日本に関する様々な知識ももっており、驚いた。そのイタリア人はまだ日本は2回目ということだったが。宿の女将に聞いたところ、去年ぐらいから外国人の客が増え、今日もイタリア人のほか、フランス人と中国人が泊まっているということだった。日本風というところが受けているのかも知れない。ぼくもビジネスホテルより、こういう旅館の方が好きだ。
 今日は三男の希望もあり、午後の講演会までには時間がたっぷりあったので「乗りテツ」をした。阪堺電気軌道の上町線で天王寺駅前から住吉へ。さらに阪堺線に乗り換えて恵比須町へ。電気街の電子部品店や鉄道模型の店を冷やかした。電気街ではいわゆるメイド喫茶があることも確認。恵比須町から地下鉄堺筋線に乗って動物園前で御堂筋線に乗り換えて長居へ。
 長居駅の近くで食事をとってから博物館へ。講演は林正美「セミ研究の最前線」と税所康正「セミの生態を数理する」の2題。
 林先生の講演は分類学的な話。日本のセミを理解するには、日本以外のセミのことも総合的に理解しなくてはいけないということ。クマゼミの仲間 Cryptotympana やアブラゼミの仲間 Graptopsaltria なども東アジア全体で理解する必要があること。現時点で日本のセミの分類でさしあたって解決しなければいけないこととして、亜種とされているオキナワヒメハルゼミ Euterpnosia chibensis okinawana Ishihara, 1968 とイシガキヒグラシ Tanna japonensis ishigakiana Kato, 1960 の分類学的な扱いをどうするか、など。
 税所先生の講演は生態学的な話。セミが鳴く時間やセミが発生する時期などは、個体数の問題とは切り離して考えるわけにはいかないということ。例として、個体数が多いと平均値からはずれた個体の数が増えるので、早く鳴き出したり、早く発生したりする個体が出て来る可能性が高くなるということ、など。セミの雄は何度も交尾が出来るが雌が1回しか交尾しないとすると、一生の間に一度も交尾ができない雄が存在することになるが、いろいろもっともらしい条件を仮定すると、その比率は37%にもなるということ。日本に分布するクマゼミの仲間3種は鳴き声が全く異なるが、地声は似ており、腹部の動かし方を変えるとそれらしい鳴き声にすることができるという話。今度クマゼミの雄をつかまえたらいたずらをしてみようと思う。
 などということで、大阪ではかなり「濃い」2日間を過ごした。最後はJRで鶴橋に出て、駅の近くでたこ焼きを買って近鉄特急の中で食べた。津に近づくと空が暗かった。着いた時に雨は降っていなかったが、かなり激しい雨が降り、雷も鳴ったとのこと。

|

« クソ暑さの中にも秋の便り・・・アオマツムシとマツムシ | トップページ | 自宅でミンミンゼミの鳴き声が聞こえた »

コメント

昨日は私の話をお聞き下さりありがとうございました。また、さっそくレポートをアップして下さり重ねて御礼申し上げます。

ただし・・・私に「先生」はやめましょう(^^;)。

クマゼミ三種の鳴き声をお聞かせしたのは私ですが、クマゼミに悲鳴音を出させておいて腹部を無理やり動かすとミンミンゼミに似る、とおっしゃったのは私ではなく林先生です(質疑の時に)。

またお目にかかれる日を楽しみにしております。ところで、坊やは怖いオジサン達の中でも人見知りもせず、とても素直な良いお子さんと感じました。よろしくお伝え下さい。

投稿: Zikade | 2007年8月20日 (月) 15時29分

Zikadeさん、おつかれさまでした。
 クマゼミのミンミンゼミ化は林先生のお話でしたか!メモもとらずに聞いていたので、混同してしまいました。林先生のことを「先生」と書くと、どうしても税所先生になってしまいますね。なかなか難しい問題です。

投稿: Ohrwurm | 2007年8月20日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/16170027

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一のセミ展・・・大阪市立自然史博物館へ:

» 長居紀行 [klingen lassen]
大阪長居にある大阪市立自然史博物館に行ってきました。一日目は午後から日本セミの会 [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 09時36分

« クソ暑さの中にも秋の便り・・・アオマツムシとマツムシ | トップページ | 自宅でミンミンゼミの鳴き声が聞こえた »