« ツクツクボウシが鳴いた | トップページ | サマー・サイエンスキャンプ »

2007年8月 8日 (水)

交通事故に遭ったアナグマ・・・合掌

 畑での調査を始めようと思って職場の敷地を横切るケヤキ並木の道を渡ろうとしたところ、職場のパートさん2人が何やら持ち上げて運んでいた。近くに行ってみると、何とそれはアナグマの屍体だった。近くの舗装道路に残された血痕から判断すると、それは交通事故に遭ったものに疑いなかった。屍体は硬直していたので、昨日の夜か、今日の明け方ぐらいに事故に遭ったのだと思った。頭部以外には傷は見当たらないので、道路に飛び出したところで出会い頭にぶつかったのではないかと思う。
20070808blog1_2
 ぼくが見たときには、既にハエが集まりかけていた。また、よく見てみるとダニもついていた。ダニはもとからついていたものだろう。そのままほっておけば、シデムシやエンマムシなども集まってくるのだろうが、目につく場所にほっておくのもどうかと思われたので、ちょうどそこをトラクターで通りかかった同僚に頼んで目につかない場所に捨ててもらうことにした。
20070808blog2_2
 昨日はぼくが使っている畑をロータリーで耕してもらったばかりだったが、今朝見たところ、無数の獣の足跡がついていた。これまでにも何度もこのようなことがあった。特に耕してもらった翌日には目立ったのだが、耕したばかりだから目立ったという他にも、耕したばかりの場所を好んで歩き回っているふしもある。ひょっとしたら、交通事故に遭ったアナグマは、ぼくの畑で遊び回ったあと、ねぐらに帰るときに事故に遭遇したのかも知れない。ぼくの畑の道路の反対側の雑木地には、地面に掘られたそれらしい獣の巣があるのだ。
20070808blog3

|

« ツクツクボウシが鳴いた | トップページ | サマー・サイエンスキャンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/16048805

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故に遭ったアナグマ・・・合掌:

« ツクツクボウシが鳴いた | トップページ | サマー・サイエンスキャンプ »