« 月蝕を見るのは久しぶり | トップページ | 石垣島紀行第2日目(7月31日)その1 »

2007年8月29日 (水)

石垣島紀行第1日目(7月30日の夜)

石垣島紀行第1日目(7月30日)から続く
 『磯』で夕食をとったあと、夜景を見に行こうということになった。向かう先は前勢岳の展望所。バンナ岳の山麓の八重守の塔のところを西に入る。バンナ岳スカイラインは東側だ。
 石垣に住んでいた頃には何度も通った道だが、森の下生えが何となく貧弱になったような気がした。新しい遊歩道ができているのも所々で確認できた。
 展望所まで行っても、全く他の車と出会わなかった。ここには夜景を楽しもうとする人がけっこう来るものだが、ちょっと意外だった。
 車を降りて間もなく、地面近くで光るものを発見した。ホタルに疑いは無いのだが、どの種かはわからなかった。灯りで照らしてみると、キイロスジボタル Curtos costipennis (Gorham, 1880) だということがわかった。この種の旬が何時頃だったか記憶になかったが、割と長い期間見られ、個体数も多かったという印象が残っている。いずれにしても、久しぶりの再会だ。地面の灯りは少なかったので、少なくとも最盛期ではなかったようだ。
20070730blog4
 展望所を後にして街へ戻ろうと思ったところ、想定外の一方通行の標識。3年前にはそんなものは無かった。おそらく、この奥に天文台が出来たから一方通行にされたのだろう。というわけで、帰りは新川方面に山を下りた。
 とりあえず石垣の夜景を眺め、ホタルにも出会ったので、一応満足した。

|

« 月蝕を見るのは久しぶり | トップページ | 石垣島紀行第2日目(7月31日)その1 »

コメント

「磯」へは、何回か行きましたが、上品な店なので、僕にはちょっと合わないです。民宿の近くの「鴨立」が楽でいいですね。もっとも、日曜日は「鴨立」が定休日なので、別のところへ行きますが。

前勢岳の展望台への道は、Ohrwurmさんが書いているとおり、天文台が出来てから一方通行になりました。帰路が遠回りになって不便です。下の遊歩道は、これまで通り、往復できますが。

キイロスジボタルは、8/18日の夜、オモト林道で、ある程度の数を見かけました。ヤエヤママドボタルの幼虫も下草にいて、紛らわしいです。サキシマハブにもやっと会えました。

それよりも、8/18,19日の「南の星空祭り」が台風の影響で中止になったのが残念でした。夏川りみさんのライヴを見たかったのですが、結局、来なかったです。15日の夜、「花あかり」というスナックへ飲みにいって、お姉さんに直接、聞いたので、ガクリときました。

そうそう、ブログのデザインが「ミンサー」なんですね、「ミンサー工芸館」へは、今回、初めて行ってきました。

投稿: ヘテロ | 2007年8月30日 (木) 00時44分

 「磯」はお値段がお手頃なので、石垣島に住んでいたときにも時々行きました。
 「鴨立」っていうのは、信号のある交差点の角で、昔トンカツ屋さんだったところかしら?まだ一度も入ったことがありません。石垣島も新しい店が次々とできますけど、お気に入りの店ができると、あまり他に行かなくなってしまいますからねぇ。
 しかしまあ、その後の石垣島は熱帯低気圧やら台風やらでいろいろあったようですけど、少しは山も潤って、良かったんじゃないでしょうか、という気がしています。とにかく、我が家の滞在中はカラカラでしたから。

投稿: Ohrwurm | 2007年8月30日 (木) 22時41分

「磯」は石垣に行けば必ずと言ってもよいほど行きます。お酒を飲まなくても入れることがまずよいですね。 Ohrwurmさんに初めてお目にかかった時(1998年6月)に連れていって頂いたのが最初でした。

投稿: Zikade | 2007年8月31日 (金) 18時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島紀行第1日目(7月30日の夜):

« 月蝕を見るのは久しぶり | トップページ | 石垣島紀行第2日目(7月31日)その1 »