« 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 | トップページ | 大阪へ »

2007年5月16日 (水)

ラミーカミキリ登場

 ここ数日疲れ気味で、ブログを書くのもサボり気味になってしまった。まあ、義務ではないから良いか。
20070516blog  数日前、職場に生えているカラムシBoehmeria nivea (L.) Gaudich の葉が萎れているのに気が付いた。ラミーカミキリ Paraglenea fortunei (Saunders, 1853) の仕業のように思えたが、なかなかラミーカミキリが見つからなかった。1頭だけだったが、今日やっと出会うことができた。やや小さな雄だった。
 このブログを書き始めて一番最初に載せた写真がラミーカミキリだったので、そろそろ一周年が近づいて来たということでもある。

|

« 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 | トップページ | 大阪へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラミーカミキリ登場:

« 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 | トップページ | 大阪へ »