« 思いがけぬ暴風 | トップページ | 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 »

2007年5月11日 (金)

石垣島於茂登岳のサシガメ

20070511blog_1  ゲッチョ先生からまたサシガメが届いた。今度は石垣島於茂登岳のものだった。今度のサシガメは見慣れたものだった。季節は限られるが、今頃於茂登岳に登ると、必ずと言って良いほど確実に見る事ができる種だ。
 ところが、これにも最近まで名前がついていなかった。名前が付いたことは知っていたが、どんな名前になったのかを憶えていなかったので、カメムシ掲示板で訊ねたところ、かりしうすさんからすぐに回答をいただいた。
 Sphedanolestes albipilosus Ishikawa, Cai et Tomokuni, 2007
 和名は仮称だが、ブチサシガメ。見た印象と和名の間には、ちょっとだが違和感を感じる。しかし、他に名前を付けようと思っても難しいように思う。
 写真は2003年6月15日、石垣島於茂登岳にて撮影。

|

« 思いがけぬ暴風 | トップページ | 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/15036342

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島於茂登岳のサシガメ:

« 思いがけぬ暴風 | トップページ | 小松秀樹著『医療崩壊 「立ち去り型サボタージュ」とは何か』 »