« 息子の入学式 | トップページ | ヘリグロホソハマキモドキが群れ飛んでいた »

2007年4月 4日 (水)

シマトネリコに集まるダルマカメムシ

 安永智秀さんの論文の別刷が届いた。そのうち一つは、シマトネリコ Fraxinus griffithii CB Clarke に集まるカスミカメムシ科 Miridae ダルマカメムシ亜科 Isometopinae のカメムシに関する論文だ。
20070404blog4  石垣島の桴海於茂登岳の山麓にあるシマトネリコには様々なダルマカメムシ類が集まることが仲間内ではよく知られていた。『日本原色カメムシ図鑑第2巻』の図版1に写真が掲載されているシマトネリコの木だ。偶然に採集された個体をもとに記載されてその後なかなか採集されることが無かったメダカダルマカメムシ Astroscopometopus gryllocephalus (Miyamoto, Yasunaga & Hayashi, 1996) が再発見されたのもこの木だ。
20070404blog3  自分もこの木でメダカダルマカメムシを見つけ、コガシラダルマカメムシ Myiomma samuelsoni Miyamoto, 1965 やムナグロコガシラダルマカメムシ Myiomma takahashii Yasunaga & Hayashi, 2002 も見つけた。さらにまた別の特徴的なダルマカメムシを見つけたので、それを採集して安永さんに送ろうと思って持ち帰った。まずは写真を撮って、と思って撮影していたところ、1回シャッターを切った後、ピョンと跳ねて逃げられてしまった。何しろ体長が3mmほどしかない小さい虫なので、部屋の中ではあったものの再発見できなかった。とりあえず写りの良くない写真だけを安永さんに送ったところ、「新属新種です」と言われて驚いた。その後、他の仲間が同じ種の個体を採集して安永さんに送り、今日届いた論文に新属新種として記載されることになった。驚いたことに、この新種の属名は Kohnometopus となっている。自分の名前が種名に付けられたことはこれまでにもあったが、属名に自分の名前がついたのは初めてだ。最初に発見したものの、自分が採集した標本が標本が存在しないというのは、何とも間が抜けている感じがするのだが、それにもかかわらず、自分の名前を属名に付けていただいた安永さんには感謝感激だ。Kohnometopus fraxini Yasunaga, 2005、和名はまだ無い。種名の fraxini はシマトネリコの属名 Fraxinus に因んでいる。

文献

  • Yasunaga, T. 2005. Isometopinae plant bugs (Heteroptera: Miridae) preferably inhabitiing Faxinus graffthii on Ishigaki Island of the Ryukyus, Japan. Tijdschrift voor  Entomologie 148: 341-349.
  • 安永智秀・高井幹夫・中谷至伸. 2001. 日本原色カメムシ図鑑 第2巻.全国農村教育協会,東京.

|

« 息子の入学式 | トップページ | ヘリグロホソハマキモドキが群れ飛んでいた »

コメント

属名にご自身のお名前をつけていただいたのは、いいですね。こういった小さい虫は、まだまだ記載されていない虫が、日本にもいるんですね。ホンデュラスあたりで探せば幾らでもいるのでしょうけど、僕は、虫のことをあまり知らないのでさっぱり判りません。
宣伝ですが、いまブログの方で、スペシャルギャラリーを開催しております。お時間がございましたらご訪問ください。

投稿: OIKAWA | 2007年4月 7日 (土) 00時16分

OIKAWAさん、コメントありがとうございました。
 新種ではないかと自分でも予感があったので、よけいに嬉しいです。最初にぼくの名前がついたのは、4mmぐらいしかない、斑紋も何もない小さなコメツキムシでしたが、それは既知種だと思っていました。それを同定してもらったところ、最初は既知種だという返事をいただいたのですが、その後新種として記載されました。
 日本でも、小さい虫は、名前がついていないものがまだまだたくさんあります。そういう分類群の記載分類をやっている研究者と仲良くなって、名前のわからないものを次から次へと送れば、名前をつけてもらえる可能性が高いです(笑)。
 ブログ拝見しました。アメリカ大陸の動物は、アジアのものとは違いますね。特に蝶なんかは一見してわかります。中米の昆虫はアメリカ人の昆虫学者がたくさん記載していると思いますけど、新種もまだ多いのではないかと思います。

投稿: Ohrwurm | 2007年4月 7日 (土) 16時27分

>そういう分類群の記載分類をやっている研究者と仲良く
>なって、名前のわからないものを次から次へと送れば、
>名前をつけてもらえる可能性が高いです

なるほど・・・。メモメモ。

投稿: Zikade | 2007年4月 8日 (日) 00時00分

Zikadeさん、どうも。
ぼくは記載分類はやっていませんので誤解なきよう。
クワキヨコバイの仲間をH先生に送ると可能性が高いかも。

投稿: Ohrwurm | 2007年4月11日 (水) 21時41分

 雲南省に6年ほど住んで食品加工しています。
安永智秀さんとは大学の同級生でした。卒業以来連絡とっていないので、連絡したいと思いますが、連絡先(メールアドレス)を教えていただければ幸いです。
 昆虫関係で何かお手伝いできればと思います。

投稿: miyamoto | 2007年5月12日 (土) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/14553344

この記事へのトラックバック一覧です: シマトネリコに集まるダルマカメムシ:

» シマトネリコ [シマトネリコ]
密生した小葉が人気のシマトネリコです。 繊細な葉ならではの程よいボリューム感がお部屋を、お庭を彩ってくれます。 シマトネリコが風に揺れるときっと心を癒してくれると思います。 またシマトネリコは空気浄化や温度調節作用効果も期待できるというすぐれものの植物です。 このサイトではシマトネリコの植え方、育て方、剪定、株立ち、病気を紹介しています。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 07時41分

« 息子の入学式 | トップページ | ヘリグロホソハマキモドキが群れ飛んでいた »