« 東アジア産カメムシ類の分類学研究の現状と展望 | トップページ | 電波で狐狩り »

2007年4月30日 (月)

京都へ日帰りの家族旅行

 今日は家族揃って京都へ出かけた。いつかは家族揃って京都へ行こうと言っていたのだが、やっと実現した。
20070430blog1  まずは鉄分の多い二人の息子のリクエストで梅小路蒸気機関車館へ。京都から丹波口まで山陰線に乗ったが、思った以上に混雑していた。沿線には嵐山などの観光地を控えているからなのだろう。梅小路には中学生の頃、一度行った事がある。現在の本館はかつての二条駅の駅舎だが、昔はそうではなかったはずだ。しかし、どんな建物だったか、全く記憶に残っていない。だからだと思うのだが、新鮮な気持ちで見る事ができたような気がする。蒸気機関車の運転席は、思ったより狭い。運転するのも大変だったのだろうと思う。
20070430blog2  梅小路から丹波口の駅に向かう途中、クスノキの幹にアオスジアゲハGraphium sarpedon (Linnaeus, 1758)が止まっていた。羽化して間もないと思われるのだが翅が折れていて飛べない状態だった。

20070430blog3_1  そこから花園まで山陰線に乗った。花園には、我が家の菩提寺の総本山の妙心寺がある。ここにもかつて来た事があるが、もう何年前のことだったか思い出せない。狩野探幽の雲龍図は有名だが、これは昔見たことがある。天井に描かれた龍の絵は、見る方向によって表情が変わるので面白い。
 さらに嵐電北野線で北野白梅町に出て北野天満宮へ。季節外れだと思うのだが、合格祈願の祈祷が受け付けられていた。ここは、学生時代に何度も行った。縁日の出店が面白いからだ。今度来る時は25日にしなければいけない。
 ここからバスで一気に東へ向かい、京都大学の構内を歩いた。北部の構内を歩いていると、何か実験が行われている形跡があり、網の中を覗くとタンポポだった。ふと気が付くと、そこには大学の先輩のNさんがいた。セイヨウタンポポとカンサイタンポポの関係を調べているとのこと。
 さらに本部構内を通って時計台の前から正門へ。さらに東大路に出てバスに乗って京都駅まで戻った。しかし、JR京都駅のデザインはひどい。よくもまあ、あんなものをJR西日本も京都市も許してしまったものだと思う。京都の街から完全に浮いてしまっている。設計したのは原広司という建築家らしいが、調和という感覚が鈍い人なのだろうか?
 朝も早かったし、それなりにたくさん歩いたので疲れた。ぐっすり眠れそうだ。

|

« 東アジア産カメムシ類の分類学研究の現状と展望 | トップページ | 電波で狐狩り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/14901915

この記事へのトラックバック一覧です: 京都へ日帰りの家族旅行:

« 東アジア産カメムシ類の分類学研究の現状と展望 | トップページ | 電波で狐狩り »