« シマトネリコに集まるダルマカメムシ | トップページ | 忘れかけた頃に花粉症の症状 »

2007年4月 6日 (金)

ヘリグロホソハマキモドキが群れ飛んでいた

20070406blog1  いつものように虫の調査に出ると、スゲの仲間と思われる背丈の低い草の上を小さな蛾が群れて飛んでいた。あまりにたくさんいるので、名前を知りたくなり、持っていたコンパクトデジタルカメラで写真を撮ったのだが、小さすぎてどうしようも無かった。ところが、何という偶然か、実験室に戻ったところ、部屋の壁に同じ蛾が1頭止まっていた。そこにあった一眼レフタイプのデジタルカメラにマクロレンズをつけて撮ったところ、はっきりわかる写真を撮る事ができた。名前を調べたところヘリグロホソハマキモドキ Glyphipterix nigromarginata Issiki, 1930 らしい。どうやら、この時期にはごく普通に見られる種らしいが、これまで気に留めたこともなかった。名前が分かると、何だか親近感をおぼえる。名前とは不思議なものだ。

|

« シマトネリコに集まるダルマカメムシ | トップページ | 忘れかけた頃に花粉症の症状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/14581763

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリグロホソハマキモドキが群れ飛んでいた:

« シマトネリコに集まるダルマカメムシ | トップページ | 忘れかけた頃に花粉症の症状 »