« 早退しても早退にならないのは妙な気分 | トップページ | 昆虫学会東海支部会講演会と名古屋昆虫同好会月例会に参加 »

2007年3月 9日 (金)

やっと返って来た論文

 ここ3日ばかり寒い日が続いていたが、今日は風も少し弱まり、暖かさが戻って来た感じだ。モンシロチョウ Artogeia rapae (Linnaeus, 1758) とモンキチョウ Colias erate (Esper, [1805]) も見ることができた。
 去年の年末に投稿した論文(難航していた論文とは別)がやっと査読から返って来た。ちょっと前までは郵便で送られて来たので、封を切るときはドキドキしたものだが、今は電子メールで結果が送られてくるので、その緊張感が無くなった感じがする。
 大筋では問題無いということだったが、細かい点でいろいろ指摘があり、修正しなければいけない。もともと短い論文で、しかも結論ははっきりしているので、だいたい予定どおりだ。しかし、この程度の論文の査読に2か月半もかかるということは、査読者も忙しいということなのだろう。今の世の中、業績評価の中に占める論文数の比率がますます高まっているので、論文に関わることでますます忙しくなるのは目に見えている。

|

« 早退しても早退にならないのは妙な気分 | トップページ | 昆虫学会東海支部会講演会と名古屋昆虫同好会月例会に参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/14205679

この記事へのトラックバック一覧です: やっと返って来た論文:

« 早退しても早退にならないのは妙な気分 | トップページ | 昆虫学会東海支部会講演会と名古屋昆虫同好会月例会に参加 »