« サミュエル・コールマン著『検証・なぜ日本の科学者は報われないのか』 | トップページ | 巨大な大仏 »

2007年2月 5日 (月)

この冬一番の冷え込み

 今朝は晴れて風もなく、朝方の気温が下がった。我が家の小さな庭に出してある、水が入っていたバケツにも氷が張っていた。
 津地方気象台での最低気温は-0.3℃。この冬、氷点下を記録したのは初めてなので、確かにこの冬一番の寒さなのだが、1年前の冬には20回ぐらい(正確には知らない)氷点下を記憶しているので、この冬がいかに暖かいかがわかる。
 日中も風が無く、暖かく感じた。畑に出ると気持ちが良かったが、さすがにまだ蝶が飛ぶような暖かさではなかった。しかし、コナガ Plutella xylostella (Linnaeus, 1758) は飛んでいた。最近は、少しずつだが日が長くなるのが実感され、着実に春が近づいているのが感じられる。

|

« サミュエル・コールマン著『検証・なぜ日本の科学者は報われないのか』 | トップページ | 巨大な大仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/13800664

この記事へのトラックバック一覧です: この冬一番の冷え込み:

« サミュエル・コールマン著『検証・なぜ日本の科学者は報われないのか』 | トップページ | 巨大な大仏 »