« 久しぶりの草むしり | トップページ | バイクのオイル交換 »

2006年12月 3日 (日)

既にクヌギカメムシの産卵が始まっていた

 体調が悪い日が続いていたこともあり、もうずいぶん長いことまともにフィールドに出ていない。今日は西風が強い日だったが、晴れていたので、外の気候に体を慣らすためにもいつものフィールドに出かけることにした。もちろん、クヌギカメムシ Urostylis westwoodi Scott, 1874 のことが気になっているということもある。
20061203blog1  早速現地のクヌギ Quercus acutissima Carruthers の木の幹を探したが、ほどなく産卵しているクヌギカメムシを見つけることができた。1か月前には全く見つけることができなかったので、ちょっとは心配していたのだが杞憂だった。
 現地にはクヌギの木が十数本あるのだが、細い木にはクヌギカメムシが見られないようだ。だいたいの目安としては胸高直径で20cmというところが境目になろうかというところだ。細い木にクヌギカメムシが見られない理由はだいたい想像がつく。要するに、細い木の樹皮の皺は浅すぎて、クヌギカメムシの産卵に適していないのだと思う。
 あちこちのクヌギを見たが、今年の1月に見たときより、明らかに卵塊の数が少ない。今日見ることができたクヌギカメムシは腹部が膨満している個体が多かったので、これからまだたくさん産卵するのかも知れない。年末になったらまた見に行ってみることにしよう。
20061203blog2  クヌギカメムシを観察していると、ツマグロオオヨコバイ Bothrogonia ferruginea (Fabricius, 1787) も目についた。この虫は成虫で越冬するので、まだしばらく活動しているのだろう。

|

« 久しぶりの草むしり | トップページ | バイクのオイル交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12918277

この記事へのトラックバック一覧です: 既にクヌギカメムシの産卵が始まっていた:

« 久しぶりの草むしり | トップページ | バイクのオイル交換 »