« 枝雀の代書 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »

2006年10月21日 (土)

栗拾い

 今日の夕方、一番下の息子と一緒に近所の墓地に栗拾いに行った。息子は一人で何度も行っているが、自分は久しぶりだ。なにしろ、平日の就業時間の終わりには既に暗くなっているので、栗拾いなんぞできない。
 息子が普段行っている木は2本あり、その下でもそれなりに栗の実を拾うことができたのだが、他にも栗の木があったような気がしていたので、そちらにも行ってみた。予想通りの場所に栗の木は見つかったが、目に付きやすい場所に落ちている毬にには、実は全く見つけることができなかった。ところが、藪になっている斜面に目を移すと、地面には多量の毬が落ちていた。実が入っている毬が無いはずなはい、と思って斜面になっている藪に突入したところ、裸の実も多量に落ちていた。しかしながら、ほとんどが小振りの実ばかりだった。
 家に帰ってから数えてみたら222個もあった。これまでで一番の収穫だ。

|

« 枝雀の代書 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12364700

この記事へのトラックバック一覧です: 栗拾い:

« 枝雀の代書 | トップページ | ニライカナイからの手紙 »