« 栗拾い | トップページ | サザンカの香り »

2006年10月22日 (日)

ニライカナイからの手紙

 DVDで「ニライカナイからの手紙」を見た。妻が借りてきたのだ。竹富島で生まれた少女の成長が主題になっている。主演の蒼井優は好演だと思った。映画の出来もそれなりに良かったと思った。が、期待はずれの部分も多かった。少女が竹富島で生まれたという必然性が希薄なのだ。もちろん、ニライカナイ信仰を伏線にするという意図があったのだろうが、なんとなくこじつけたに過ぎないと感じられた。
 おそらく、同様の物語の展開の映画があるとして、その舞台が沖縄でなかったら、決して見る事のない映画だったと思う。沖縄の映画なら、もっと沖縄らしさが出たものでないと、満足できないような気がする。
 「ナビィの恋」や「ホテル・ハイビスカス」のように、涙も笑いもある映画の方が好きだ。

|

« 栗拾い | トップページ | サザンカの香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12377614

この記事へのトラックバック一覧です: ニライカナイからの手紙:

« 栗拾い | トップページ | サザンカの香り »